« 凧揚げ | トップページ | ガムランのリズムを体験しよう »

アメとムチの太閤道

ちょっと、アナタたち、どこに行かれるの?

JR高槻駅の市営バス乗り場でおばさんに声をかけられた。

Taikou1

磐手橋?そうじゃなくてアナタたち山の格好でしょ?どの道を行かれるってことよ。そう、太閤道。若くていいわねー。おばさんも若い頃、50代の頃よ、よく歩いたわー。途中、淀川、木津川、宇治川、桂川がとてもよく見えるところが2箇所ほどあるのよ。

Taikou5

登った先にある金竜寺ってご存知?あら、知っていたのね。そう、今は焼けてしまってもうないのだけれど、なぜあそこにお寺があったかご存知?あそこはね、大阪城から見ると鬼門なの。だから建てられたのだけれど、2度も焼けてしまってはね、再建はされないでしょうね。私が若い頃は住職さんがおられて、いつもおいしいお茶をいれてくれたことを、今でも覚えているわ。

Taikou2

わたしは若いころ、山という山を歩いたわ。富士山も2度登ったしね。河口湖からも登ったのよ。富士山で初めてご来光を見たの。雲海から太陽が錐揉み状にあがってきたとき、わたしは元々アタマが空っぽだけど、本当にアタマが空っぽ。涙がポロポロと出たわ。その時思ったの。山岳信仰って本当にあるんだってこと。

Taikou3

最近はもう登らないの。登るとあとが辛くて。今はこの山裾の墓参りが楽しみ。せやからって家にいると36才にもなるムスメと毎日ケンカしてしまうねん。おばちゃんって無口やろ?それでもケンカになるねん。あの子はカラダは動かへんのに本当に口は達者で、誰に似たんやろ。え?わたし?アナタ、もうすぐ山道で別れるからって、適当なこと言うて(笑)でも、あの子にはムチが足らんのかなー。

Taikou4

大峰山ってご存知?奈良のあの山域は女人禁制なの。西ののぞきと言って、成人になる男の子をロープでくくって、崖からたらすわけ。そして上から「親孝行するかー!」と聞くもんだから、「ハイ!します!」って答えるの。そりゃ、誰だってするって言うわよね。そう言わないと上にあげてもらわれへんから。今じゃ、暴力反対って言われるのかしら。うふふ。

Taikou6

あ、せや。アメ持って行き。ほら、手をだして。あっ、落ちた。いっぱい、いっぱい持っていくんやで。そこの会社の横から山道は始まるから。ちゃうちゃう、そう、そっち、そっち。私はこっちやから。くれぐれも気をつけていってらっしゃいね。

|

« 凧揚げ | トップページ | ガムランのリズムを体験しよう »

まったりし隊の旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/17598820

この記事へのトラックバック一覧です: アメとムチの太閤道:

« 凧揚げ | トップページ | ガムランのリズムを体験しよう »