« 除夜の鐘 | トップページ | あわてない、あわてない。 »

書初め

本当は1月2日に行う書初めだが、わが家では一足お先に行った。年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事。心静にヨシコが書いたものは・・・。

Ibaraki18_2

渋すぎるー!!

これは昨日の山崎聖天で引いたおみくじの絵ではないか。あまりの出来のよさに今年も良いことがあろうと大笑い。おみくじには「調子づいて油断してはならない」と書かれてあるのに、お調子もののヨシコは、さらにもう一筆。

Ibaraki19

これまた渋すぎるー!!

今度はボクが引いたおみくじの絵ではないか。「旅立大いによし」の部分を表現しているようだが、前の人物がボクで、後ろの人物がヨシコらしい。なるほどよくよく特徴を捉えているではないか。しかもリュックに「GLEGORY」と書かれてあるではないか!(正しくは「GREGORY」)すばらしい!!

でもヨシコよ。そもそも年賀状にオリジナリティを出そうと、墨で原案を書こうという趣旨もあったはずだが。

あっそうでした。とヨシコが、達筆をふるう。

明けましておめでとう・・・。

この時点で紙の余白がない。後残りの余白にどのように「ございます」と書ききるのか楽しみにしていると・・・。

明けましておめでとうござる

ハイッ!!男らしい!!

ヨシコよ、余白の使い方を分かってらっしゃる上に、ちょんまげを書いた名残りが文字に溢れている。すばらしい!でもちゃんと書こうよ。年始の挨拶ですよ。

そうですね。最後にヨシコは達筆をふるう。

Ibaraki20

アンタ、本当に怒られるよ。

※どうぞ皆さま。今年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 除夜の鐘 | トップページ | あわてない、あわてない。 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/17548187

この記事へのトラックバック一覧です: 書初め:

« 除夜の鐘 | トップページ | あわてない、あわてない。 »