« 雪だるまと焼き野菜 | トップページ | メガネ・チーズケーキ »

未知踏進~稲葉香写真展

Mi1

南森町の近くにあるCHAKRAというCAFE&GALLELYで、元町で知り合った稲葉香さんの写真展、スライドショーの企画に伺った。それはそれは多くの人が訪れ、いかに稲葉さんが愛されているかという風景が広がるのです。そしてこのスライドショーの中で、この企画のハガキに選ばれた写真の大切な意味をかみ締めながら時は進んでいきます。

Mi2

そして隊長のお話。河口慧海師のお話に熱がこもっていつの間にやらマイクが指示棒に、メガネがマイクになっているという、とてもおもしろい方でした。ネパールについて、多くのことを考えるよい機会をいただいたと思います。また、その山々をめぐるにあたり多くの資金が必要になることを知ります。そこには以前ネパールでボクを助けてくれたシェルパたちの人件費も含まれていると思うと、心は複雑です。危険な旅で命を亡くす可能性も含まれているのですから。

ボクが尊敬する冒険家、植村直己はシェルパとのつながりも熱く、最終的には冒険をスポンサーの協力、犬ぞりの犬たちの命はあったにせよ自己完結型の旅へと変貌していきます。それは自己の欲求を自己で完結しようとする優しき彼の試みであったと思います。そして彼はただひとりマッキンリーに消えていくのです。

Mi3

今日はとても温かな日。稲葉さんも、隊長もとても熱い人。それはボクにとっても非常に刺激的なものでした。そして旅について本当に色々と考えました。ボクは20歳から毎年2ヶ月間海外を放浪するという生活を、エジプトから4年間続け、人生を変えたサハラ砂漠の体験を踏まえ、その後、日本にフィールドを移行した。最初は自分探しの旅であったが、今は自分はいつも自分の中にいることを感じている。そして未知なる故郷、日本という国の大きさをまだまだ実感している途中なのだ。

そして大切にしている言葉は、ボクが最も尊敬している民俗学者の父の言葉。先を急ぐことはない。あとからゆっくりついていけ、それでも人の見残したことは多く、やらねばならぬ仕事が一番多いということ。まったりし隊の語源たる「まったり」とは、京都弁でまろやかでこくのある味わいが、口中にゆったりと広がっていくさまを言う。もうひとつはゆっくりしたさま。のんびりしたさま。くつろいださまを言う。あらゆる物事をゆっくりと噛み砕いて、カタチにしていきたいと思う。

そして稲葉さんは旅と旅行は違うという。おそらく旅行とは観光のことであろう。現代社会における観光とは消費的な側面、楽園を求める状況を併せ持ち、それに対する反抗ともとれるわけであろうが、そもそも観光とは中国の易経によると、一国の王たるものの仕事をいう。一国の王たるものは諸国をめぐって国の光、すなわち美しい自然、それがもたらした豊かな人々の生活を観て(観光)こなければならない。では、なぜ王はそれを見てこなければならないのか。それは自国に帰ったあと、他国の光を見ることで、豊になった王自身が、今度は自らの国の光を示すためであるという。稲葉さんの今日の企画もまさしく自らの国の光を示すものであり、ボクたちも今までの旅の中から、光輝くものを発信していこうと、新たな刺激をいただきました。

|

« 雪だるまと焼き野菜 | トップページ | メガネ・チーズケーキ »

地球交響曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/40092257

この記事へのトラックバック一覧です: 未知踏進~稲葉香写真展:

« 雪だるまと焼き野菜 | トップページ | メガネ・チーズケーキ »