« 馬に乗って犬を散歩した翁を見たくて | トップページ | 吹雪の針畑どんどは温かな希望の炎なのだ »

うっかり、すっかり

Hira12

ギャーッ!ワーッ!

ヨシコがAIGLEの手袋で指人形ならぬ、手袋人形で遊んでいる。確かにロゴが目に見えておもしろい。そのお芝居の内容は今日あった出来事。

A&Fというアウトドアのお店に、先日買ったByer(バイヤー)パラシュートトラベラーハンモックと木を結ぶ専用のロープを買いにいくと、お店のお兄さんが僕たちを覚えてくれていたようで、見るなり売っている専用のロープを勧めず、こうすればとてもいい感じで木とハンモックをつなげれますよ!と、メモ用紙にロープ、もしくはテープ・スリングとカラビナを使った吊り下げ方法を図説してくれました。おぉ、これは簡単でコンパクトと、終始、皆で大笑い。共通の趣味は、共通の喜びを得るのです。

するとヨシコが駐輪所のカードを紛失していることに気づく。ヨシコは急いで手袋を買ったAIGLEのお店に引き返し、店員さんに「駐車券、落ちていませんでしたかー!」と聞くと、「無料駐車券ですか?」と聞かれたようで、「自動車じゃなくて、私の家の近くの自転車の駐輪券なんです!」と言っている。

Hira13

地元の駅に戻り、駐輪所に行くと、いつもの優しいおじさんを見つけたヨシコ。急いで走って行ったかと思うと、大きな声で「うっかり、すっかり、落としてしまいましたー!」と叫んでいるのが遠くから聞こえてくる。あとで何で「うっかり、すっかり」って言ったの?と聞くと、それはね、「あっちもこっちも一生懸命探したけれど、どうにもこうにもさっぱり無いのです」という意味なんですと言う。おじさんは、いつも来てくれてありがとうと、ゲートを開けてくれる。毎日、会っている人たちをおじさんは覚えてくれているのです。

今日も、食事したときの店員さん、A&Fのお兄さん、駐輪所のおじさんと、多くの人の優しさに触れた1日。ヨシコは自転車に乗りながら言う。田舎に行けば、心温まるわけじゃない。都会にも同じく人が住んでいて、誰もが本当に温かなんだと。

Hira11

|

« 馬に乗って犬を散歩した翁を見たくて | トップページ | 吹雪の針畑どんどは温かな希望の炎なのだ »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

こんいちは!初めて書き込みさせていただきます。
何故だか、ものすごく楽しく読ませていただいています。

かんじる比良では、生まったり写真を家族で見に行きますよ~~
楽しみにしていますからね~~

投稿: くま先生 | 2008年2月24日 (日) 18時15分

はじめまして!書き込みありがとうございます。
ブログ拝見しました。ご家族でいろんなところに行かれてるんですね~。いつも美味しい写真がいっぱいで、楽しそう♪
かんじる比良は見どころ満載ですので、ゆっくり回ってくださいね!お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2008年2月24日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/40198958

この記事へのトラックバック一覧です: うっかり、すっかり:

« 馬に乗って犬を散歩した翁を見たくて | トップページ | 吹雪の針畑どんどは温かな希望の炎なのだ »