« しりとり | トップページ | サクラ »

新芽

Hira37

おーい。ツボミさん。4月12、13日に満開よろしくっ!

ヨシコが雨に濡れたツボミに語りかける。どの木にも語りかけるので、どうしてだい?と聞くと、願いはきっと叶うからよと言う。森の中のギャラリーまで、木々の新芽でいっぱいの比良。

春を今か今かと待っています。

今日は「かんじる比良」の写真展の準備のため訪れる。比良に電車が着くなり、ヨシコは「ごは~ん!」と叫びながら、ほっとすていしょん比良に走っていく。今日は里山弁当に決めているのっと、さっそくいただいて、あぁ幸せ。

Hira39

あぁ、おはぎも美味しそう。あら、このロールケーキも美味しそう。そうこうしていると、ほっとすていしょんの皆様から、米粉のロールケーキをいただいてしまいました。それはしっとりとした生地の中に、ふわっふわの生クリーム、そして柚子ジャムが香ゆたかに閉じ込められていて、クチの中にいれると美味しさがゆっくりと広がっていく幸せ。あぁ、ここに布団があれば食べて寝て、食べて寝てを繰り返したい。

食後。雨の中を歩きながら、ヨシコはオリジナルの歌を歌う。

比良っ♪ それはコロッケー♪

どんな歌詞やねん、と思いながら、ボギー大佐のメロディーが流れます。なぁ、なぁ、ヨチュオさん。さっきヤマカワさんが仰ってた「こしあぶら」ってどんなんやろ~。タラの芽よりおいしいってさ~。あぁ、どうしよう。

いやいや、どうもしないよ。

Hira38

虫ピン?そんなもの馬に食わせるほどあるよ!

そんなギャラリーskogのご主人と、写真展の打ち合わせをする。展示するスペースを知るために、ギャラリーの図面をコピーしてくださいます。そこには鉛筆で書かれたメモなどがあって、それを丁寧に消されていきます。そしてその消しクズをささっと手箒で片付ける。

ボクはねー。何故かホウキが好きなんですよ。これはね、北欧のお土産でマダムからもらったんだけどね、どう、いいでしょ?

ハイ。すごく、機能的でもあるデザインですねー。ホウキが好きってことは、キレイ好きなんですか?

いやっ、そうでもない!

特に印象的だったのは30年間、使い込まれた道具。それは紙を固定するための「重り」なのですが、ご主人の名前が入っていて、僕たちが生きてきた時間を、ずっとご主人のお手伝いをしていたんだなぁと、思ってしまいました。紙をきる所作ひとつも丁寧で、それはこのギャラリーのあちこちにも見て取れるのです。

Hira40

いやぁ、備長炭という木があると思ってましたわぁ。今度は比良の古老の方が、ほっとすていしょんでお話くださります。昔な、金物のクズを捨てたのが、金糞峠や。青ガレとかあるやろう。あそこは昔、鉱脈やってんやろうなぁ。今でも鉄がとろっと溶けたものが山にはあります。こないだも拾って、タワシで磨いて持って帰りましてん。

そう。比良はまだまだこんなお話が聞けるのです。

日の暮れ。比良駅から雨の比良を見ていると、森に向けてskogのご主人の車が帰っていきます。車窓から見ていると、子どもたちが雨の中、電車に向けて自転車に乗りながら手をふります。僕たちもそれに気づいて手をふると、また彼らも手をふって。ふった雨はやがて琵琶湖に流れ、海へと向かいます。彼らもまた大きな世界へとペダルをこいでいく。そんな新芽でいっぱいの比良。

春を今か今かと待っています。

|

« しりとり | トップページ | サクラ »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

まったりし隊さん
今日は雨の中、お疲れ様でした。
私はお会いできず残念。

感じる比良の宣伝写真のご協力ありがとうございます。
ほっとすてーしょんさんで米粉のロールケーキご馳走になったんですね。
よかった!
ほんとうにおいしいよねえ。

投稿: skog | 2008年3月30日 (日) 23時18分

ほんとうにおいしいですよねぇ!

今日はマダムとご主人さまと「ほっとすていしょん」さんのおはぎを一緒に食べたくてお持ちしたのですが、お会いできずに残念です!

ご主人さまにも展示について色々とご指導いただきました。おかげさまで、(まだ妄想段階ですが)と~っても比良を感じることができる写真展になると思います。

またすぐにでも伺いますので、お会いできますことを楽しみにしております!

投稿: セカチノフ | 2008年3月31日 (月) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/40693316

この記事へのトラックバック一覧です: 新芽:

« しりとり | トップページ | サクラ »