« セレブな朝 | トップページ | まったりし隊写真展へ向けて »

ビューティフルハミングバード

Haming1

耳をすまそう。

そんなライブが南堀江の萬福寺であった。もちろん大好きなビューティフルハミングバードのライブなのだから、真っ先に駆けつけてしまう。さて、何に耳をすますか。もちろん歌声や、ギターの音、アコーディオンの音色に。だって生音なんですもの。

Haming2

服部緑地公園で行われたレインボーヒルというイベントではスタッフとして働いていたので、楽屋でお話したり、ライブは後ろから聞くことになったりとしましたが、今回は純粋に前から聞けて終始、リラックス。ビューティフルハミングバードのお2人に負けぬほどの個性をお持ちの、鍵盤走者であるクールな藤原マヒトさん。おもしろすぎます。

終始、無言なのですが、彼のなさること全てが最高でした。自分の出番がないとき、会釈しながら障子の向こうに消えられるのですが、影がずっと映っていたり、アンコールで障子の向こうから出てきたのだけれど、自分の出番がないことに気づき、すすっとまた障子の向こうに消えたり。そして強面で長髪で髭面で小さな鉄琴を軽やかに演奏されるのです。とにかく温かなライブで日頃の疲れもぶっ飛びました。

そして帰りにヨシコが焼肉を食べたいという。それはギタリストのタバティが焼肉を食べてライブに臨むという話をしていたからだろう。2人でビューティフルハミングバードの歌を歌いながら街を歩く。そこには不思議といつもの街はなく、希望に満ち溢れた世界があった。

耳をすまそう。

それはきっと自分の声にも素直になることなのだ。

|

« セレブな朝 | トップページ | まったりし隊写真展へ向けて »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/40527267

この記事へのトラックバック一覧です: ビューティフルハミングバード:

« セレブな朝 | トップページ | まったりし隊写真展へ向けて »