« お江戸でござる | トップページ | 孤高の人 »

見守る

Tokyo1

新宿を歩いていると、どこにも山はない。大阪であれば東に生駒山、滋賀であれば西に比良山系、京都であれば山なき南に、神戸は北に六甲山。遠くに見える山々によって見守られ、方向を知るクセがついているだけに、迷子になりそうになる。

都庁近くのエプサイトで開催されている今森光彦写真展「神さまの森、伊勢 日本の聖域・神宮の杜」へ。三ツ尾伐りという伝統的な伐採方法、大木を運ぶ川の流れ、お種栽り。遷宮に必要な樹齢200年のヒノキ1万本をまかなう伊勢の森は、人と自然の共存によって形成されている。そう、伊勢の森は人が心をこめて見守ってきた森でもあるのだ。

Tokyo1

見守る。

今回のお江戸旅の目的は、ヨシコの友人の出産祝いに訪れるということ。友人に会う前にヨシコはバンビが描かれた使い古したクシで髪をとく。少しでもキレイに見せようとしているのかと思えば、それはこれから会う友人と19歳のころからおそろいで使っている大切なクシとのこと。クシの歯が1本欠けているが、その友情に欠けたるところはない。生まれてきた新たな命を見守る目は、ともに嬉しそうで、見守られる赤ちゃんはケラケラ笑う。見守っているようで、実は赤ちゃんに見守られているのではないか。ボクたちを幸せにしてくれる温かな笑顔がそこにはあった。

Tokyo1

見守られる。

お江戸から大阪へ帰る前に、ヨシコの兄さんとチョコレートを食べる。兄さんに連れられたそのお店は、なんとチョコレートしかないのだ。久しぶりの兄妹の会話、甘い時間は過ぎ去るのが早いもので、気づけば新幹線の中。今にも降りだしそうな雨雲を突ききって、西へ。そして本来ならば何十万もする「甘い部屋」よりも、まったりできる我が家に帰り着いたのは、今まさに日付が変わろうとしているころだった。

見守る、見守られる。

それはきっと、互いに必要としていることなんだろうなぁ。

|

« お江戸でござる | トップページ | 孤高の人 »

まったりし隊の旅日記」カテゴリの記事

コメント

おーーーメールにあったbullettrain”お江戸の旅”
いい感じやねupup
”見守る””見守られる”の文面も綺麗だし、
ヨシコっちの満喫した顔。なんとも微笑ましいでございますhappy01
しかしホテルもはすごいなgood
次回は”横浜の旅”へ。

投稿: OKAN | 2008年9月12日 (金) 11時01分

OKANさ~ん。いやはや今回も珍道中でした♪
テント大好きの私たちがスイートなんて。。。笑いました!
次回はいざ横浜へ☆うちにもぜひぜひ~。

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2008年9月12日 (金) 22時49分

スイートってあんなに広いんやねcoldsweats01
うちも知らんから(笑)

他のcameraボチボチ拝見させてもぅてます。
どれもこれも2人の、そして周りの方々の人柄がよぅ伝わってきて、
見てるだけでニコニコ気分note
『田中邸』でのヨシコっちの表情やはしゃぎ過ぎのヨチュオさん、
とってもステキでしたよshine

投稿: OKAN | 2008年9月14日 (日) 15時59分

OKANさ~ん!

お久しぶりです。いつも関東方面に行くと横浜が気になります。今度行くときは連絡いたしますから、関西方面に来られるときは連絡してくださいねー。

いただいた給湯器がもうすぐ活躍しそうな季節。
本当に助かっていま~す!

投稿: セカチノフ | 2008年9月15日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/42397790

この記事へのトラックバック一覧です: 見守る:

« お江戸でござる | トップページ | 孤高の人 »