« 孤高の人 | トップページ | わたしは勝利する »

キャッチコピー

hira

なぜ、比良なのか。

10月4日に開催される「里の味覚と比良歴史ハイキング」のチラシの作成を依頼され、期日までに作成、完成し、今日、無事に届いたと連絡があり、ほっとする。そもそも依頼を受けた時点で、チラシはキャッチコピー勝負!と信じ、それは「なぜ比良なのか」という問いかけしかないっ!と思い込んでいた。

hira

しかしながらメモをとって字を見てみると、どうも硬いのである。そういうときこそ、頭が柔らかいヨシコに相談するのが一番なのだ。

ヨシコよ、歴史ハイキングのキャッチコピーなんだけど、どんなんがいいかなぁ?どうも「なぜ比良なのか」って硬いような気がするねん。ちょっと里山の味、新米を彷彿させるものも考えてくれない?

するとヨシコは瞑想状態にはいる。寝る前だったからほとんど寝ていると言って過言ではない。いや、むしろ寝ていた。しかしそこから神がかり的な発言を連発し始めたのだ。

ひらめき、ときめき、比良の旅!

おぉ、ヨシコよ、素晴らしい。

君は新米!比良リーマン。

おぉ、なんか初々しくていいねぇ。

比良を思えばヨダレが出るよ♪

それアンタだけやから。

また来たの?

それボクたちのことだから。

心の洗濯しませんか?無洗米。

いやいや、新米だから。

比良でかんじる、あぁ無情。

いやいや、違うこと感じて。

ヒヒ!

旭化成のイヒ!を盗んではダメ。

hira

突風吹くぞ、それが比良。

そうやけど、それじゃぁ人が来ないでしょ?

耳をすましてごらん♪カエルの大合唱。

それ夏限定やから。

比良ッケ。

コロッケだから。

心のトビラを比良ッケ!

ちょっとコロッケから離れてください。

いつも比良いています。営業日は水・土・日曜日。

それじゃぁ、いつも開いてないからウソになっちゃうでしょ?

豚汁比良。

かんじる比良だから。

hira

行けば分かる。無性(むしょう)に比良。

んっ!?いい!合格!

確かに無性に行きたくなるときあるよねぇ。駅から一歩出ると何もないと感じるけれど、実は何でもあるのが比良なんですよ。比良山系の麓に豊かな自然、アート、カフェ、別荘地、そして琵琶湖の恵み、近畿圏から安・近・短。秘かに関西の清里(山梨県北杜市)に成りうるのではないか。そんな土地に隠された歴史と、おいしい新米を味わえる「比良歴史ハイキング」。はじめての比良にもオススメ。楽しみだなぁ。

|

« 孤高の人 | トップページ | わたしは勝利する »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/42477147

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチコピー:

« 孤高の人 | トップページ | わたしは勝利する »