« アン・サリーとピスコ・ロック | トップページ | レッドクリフ »

かんじる比良(2008秋)

kanjiruhira

うまーいっ!

近所の方に作っていただいたという食事に舌鼓。ここ東籬庵(とうりあん)は食事処「つる」の裏手にある。伝統的な民家建築、おくどさんで炊いたご飯がふるまわれるとあっては、食いしん坊の我が隊が見逃すわけに参りません。

ann

さて比良に着くとバッタ、赤とんぼ、3羽のトンビ、コスモスがお出迎え。何故かほっとすていしょん比良の前に、かじられたサツマイモが転がっている。毎回、開店と同時に、もしくは開店寸前に押しかけてしまって申し訳ないなぁと思いつつ、今日も駅から迷わず直行。

kanjiruhira

里山弁当は無敵です。

重ねられたお重を期待と共に開けていく喜び。比良の旬の食材に、果敢に挑む新メニュー、そして旨すぎる味噌汁。そう、どの月に来ても楽しめるのだ。かんじる比良の期間中はボクの定番、コロッケ定食がいただけないが、お惣菜コーナーに持ち帰れる分があったので、ついつい買ってしまう。北比良のキヌヒカリを細かくひいた米粉のパン(おっと、クリームチーズパンは小麦粉)に、キャラメルのクレープ、ピザ、比良味噌、丁字麩、煮物と何でもござれ。そこに手づくり工房「比良の里」から、おはぎと、みたらし餅が運ばれて来る。はぁあ、そのままこのお腹に納品してください。

ann

そして、おいしい試作品までいただいてしまいました。

ヨシコは「ほっとすていしょん比良、世界一」と言いながら、眼を閉じ、うっとり完食。先月は「日本一」と言っていただけに、とうとうヨシコの世界を制覇してしまったようです。

ann

乗って行きますかー?

のんびり歩いているとネコの家の方(Les Boules レ・ブール)の方が車の中から声をかけてくださいました。前回の比良で焚き火を囲んだご縁ですが、これだから比良にはついつい通ってしまいます。そして今日もテントですか?と言われながらレ・ブールさんで買い求めた手作り石けんは、どうも見た目がおいしそうなんです。嘘だと思うなら、ぜひのぞいてみてください。

kanjiruhira

この景色を見ると、スカーッとする。

そう言う「ほっとママ」と歩きながら琵琶湖を見下ろす。晴れわたる空の下、ショップカードを配り歩かれる「ほっとママ」の車を見送って歩いていると、道に迷われている方に出会う。どうもこの近辺が分かりづらいようで、道案内をしてその方と別れる。他の方々もここがガイドマップのどの番号か分からないようで右往左往されているようだ。明日にでも各参加店にもガイドマップに記載された番号があればより丁寧な案内になることでしょう。

kanjiruhira

去年に引き続き、比良麓湖窯の「きなこ」、ROZ&MARYさんの「ラ・フラン」にご挨拶。小エビとルッコラソースのパスタと、明太子と大根おろしのパスタをいただいたなら、H made Marketさんでパンを。比良の風がサラサラと鳴って、子どもたちと母の笑い声。のんびりとした時間。急いで周る必要がない「かんじる比良」。参加されている方も楽しそうなのが一番です。

kanjiruhira

そして東籬庵へ。お化けのように大きなプチトマトが甘くてビックリ!比良の食材の力と料理に感服。草庭さんのところにあった器たちも生き生きとしています。本来は食事処ではなく、梓工務店のオープンハウスなわけですが、これが妙に落ち着くのです。案内してくださったSさんに感謝。

ann

はぁあ。こんな部屋が欲しい。

和室でゴロゴロしながら、森を眺められたら気持ちいいだろうなぁ。

ann

夜が迫る前に、そろそろ小さくとも楽しい我が家へ帰りましょう。

kanjiruhira

ホウキ星?

ヨシコはギャラリーskogで買い求めた小さなホウキに「モリくん」という名前をつけた。何故かね?と聞くと、skogはスウェーデン語で「森」でしょ!と言う。さらに「森」といえば、お世話になっているモリさん親子が比良におられるでしょ!と言いながら、さっそく畳の間を掃除しだす。

するとあらゆるところから細かい埃が出てくるではないか。

それはまるで毎回、心の埃をとってくれる比良の「森」のよう。それではすっきりとした我が家で今宵も食事をいただきましょ。

・・・食べすぎ?

|

« アン・サリーとピスコ・ロック | トップページ | レッドクリフ »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

焚き火から再びお会いできて嬉しかったです。

食事された後なのにパン買ってくださったのですね ありがとうございます。天然酵母のパンでいかがでしたでしょうか?
今日はパンの先生もうちに足を運んでくださいまして来年のかんじる比良にはパン屋さん出店なほど人気でした。

また遊びにいらして下さいね~~

投稿: H&M | 2008年11月 3日 (月) 01時57分

天然酵母のパン、素朴な味でペロリといただいてしまいましたっ!ありがとうございます。

最終日も「かんじる比良」はご盛況だったようで、伺えず残念です。来年の「かんじる比良」も楽しみにしていまーす!

また焚き火や食事を囲んでお会いしたいですね。
ぜひぜひ、お誘いくださいっ!

投稿: セカチノフ | 2008年11月 4日 (火) 10時06分

今回はお会いできず残念でした。
一日の差で入れ違いだったんですね・・。

ウチは家族でsoup furnitureさんを訪問、
嫁さんは温もりある家具やお庭にウットリ。
「やっぱウチもログデッキ作るか!」と、
あわやその場で発注しそうになってました。

またぜひお会いしましょう!

投稿: モリJr. | 2008年11月 7日 (金) 00時12分

モリJr. さま。

いつも連絡ありがとうございます!
SOUP FURNITUREさんを訪問すれば、そうなりますよねー。
ぜひ、発注しましょ(笑)

今週末、お仕事で梅田におられるのを知ってますので、
伺いまーす!

投稿: セカチノフ | 2008年11月 8日 (土) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/42976732

この記事へのトラックバック一覧です: かんじる比良(2008秋):

« アン・サリーとピスコ・ロック | トップページ | レッドクリフ »