« 口福 | トップページ | 大晦日 »

幼馴染

Matsui1

久しぶりー!

年に2度ある幼馴染との飲み会。これほど楽しいことはない。中学生からの付き合いある二人の友も、すでに2児のパパ。ヨシコもすでに知り合いであり、幼稚園の話しや、子育ての話しで盛り上がる。この大不況の中、力強く子育てに奔走する若き父の姿を、ビールとともに垣間見るのである。

Matsui2

そもそもの出会いは奈良の小さな塾。机の下がガムだらけという無法地帯の学び舎での友である。互いの武勇伝に事欠かない個性的な集まりは、酔いとともに最高潮となる。過去の記憶と酔いとの戦い、そして今後についての積極的な展望。まさに忘年会にふさわしい時間が過ぎていく。

Matsui3

どんなに離れていても変わらない。それが幼馴染。小さな過去の断片的なカケラが、話しの中で結び合わさったとき、その気持ちは10数年前に飛び込んでいく。記憶が新たな記憶となって修正されることもあれば、以外な結末を迎えることもある。過去の事象は変わらないけれど、その後の付き合いでどんどん意味合いを変えていく。互いの裸を知っているつながりは、今後も続いていくことだろう。そんな友がいることこそ、幸せではないか。大切なもの。それはすべて「つながり」ではないかと思うのだ。

|

« 口福 | トップページ | 大晦日 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/43570850

この記事へのトラックバック一覧です: 幼馴染:

« 口福 | トップページ | 大晦日 »