« 慰めの報酬 | トップページ | 節分 »

琵琶湖博物館

Biwakomuse1

ヨチュオさん、これが欲しい。

ここは冨江家。彦根市本庄地区の古い民家が移築され、その和室に鎮座するベビーベッド。しかも誰もいないはずなのに、赤ちゃんの鳴き声が聞こえてくるという凝りようである。ここは琵琶湖博物館、農村のくらしと自然というコーナーにあるのだ。

Biwakomuse2

さて琵琶湖博物館がある烏丸半島から比良方面を見ると、蓬莱山から武奈ヶ岳がまた美しい。ボクの背後では、風力発電機、くさつ夢風車がくるくる回り、空をこれまたトンビがくるくると周回する。はぁあ、のんびりだなぁ。寒いけど・・・。

Biwakomuse3

どんな味かね。

オオクチバス(ブラックバス)と琵琶鱒の天ぷらうどんを食すヨシコ。琵琶湖で迷惑極まりないブラックバスは、おいしくもなく、おいしくなくもなく。近江牛コロッケを食べながら、ほっとすていしょん比良で仕込まれているであろう里芋コロッケに想いをはせる。

ヨシコよ、対岸に行きたくなってきただろう。

うん。

太陽の光を浴びて、比良の山々がキラキラと輝いている。ちなみに伊吹山はサンゴやウミユリの化石があることから、珊瑚礁が隆起してできた山だそうな。そして湖南から湖東にかけて、ミエゾウというゾウが闊歩していたのだから驚きだ。そのときの比良の山々はどんな姿だったのか。想像するだけでおもしろい。

Biwakomuse4

そして対岸に渡るには丸子船。琵琶湖博物館に収められているのは、松井三四郎(船大工)さんが作られたもの。船底がやや丸く、船の側面に丸太を二つ割りにしたもの(オモギ)が取り付けられた琵琶湖固有の木造帆船なのだ。この船についてより詳しく知るには「信長 船作りの誤算」~湖上交通史の再検討~という本にも、松井三四郎さんの記述があって、優しく説明されている。写真も図説も多く、オススメなのだ。

比良に限り資料を紐解くと、昭和22年から27年ごろ、比良には3隻の丸子船が少なくともあったそうです。割り木や柴、石、粘土を近江八幡の瓦屋へ輸送して人がいたそうな。

Biwakomuse9

そして一番気になっていた古民家の展示場へ。入るなり懐かしい感じがしたのか、年配の入館者たちが口々にこれはこう使うのだ、あぁだ、こうだと数十年前の暮らしの楽しさ、苦しさ、自分の思い出をまわりの人にまるで学芸員のように語りかけるのです。それほど細部にまで保存された展示なのでしょう。嘉田由紀子知事の著書、「生活環境主義でいこう!」にもおもしろいエピソードがあり、展示場のトイレがあまりにも自然にあって、そこで本当に用をたした方もおられたとか。

Biwakomuse5

さらに滋賀における水のお勉強。上水道普及率の統計を見てみると、1920年に80%、1960年にはほぼ100%の普及率をみた大阪に比べ、滋賀は1960年に30%、そして1985年にほぼ100%の普及率でした。

なぜ、上水道の普及率が低かったかと言うと、やはり琵琶湖の水が飲めたからなんです。これまた比良に限定すると、大正15年では、釣りをするわけでもなく、ザルですくうだけでも十分にたくさんのアユが採れたと記載されていました。

そして平成7年の水カルテ調査記録を見ていると、南比良は中川庄一氏。北比良は湖岸にお住まいの森孫左衛門氏からの聞き取り調査結果が詳細に記録されている。

ん!?

中川さんって、あの中川さんですよね?ヨシコさん。

比良でお会いしたと思いますけど・・・。

ところでこの写真の森孫左衛門さんですけど、ヨシコさん。

何だかこの台所、見たことがあるような気がします、ヨチュオさん。

もしや・・・。

Biwakomuse6

ちーっちゃいさかながいるー!

琵琶湖博物館の素晴らしいところは標本だけでなく、実際に泳ぎ回る湖魚がたくさんいること。子どもも大人も興味津々。

Biwakomuse7

カイツブリの捕食も見れて、ドキドキ、ワクワク。そして琵琶湖だけでなく、世界の湖に住む魚たちも泳いでいる。中には懐かしいカンボジアはトンレサップ湖の魚たちもいて、ヨシコとその広い湖を船で旅したことを思い出した。街の土ぼこりでヨシコの鼻が爆発、めちゃくちゃな陸路でのタイ国境越えも、今では楽しい思い出。それにしても琵琶湖博物館は勉強にもなるし、楽しいなぁ。

Biwakomuse8

ヨシコよ、ここは最高やな!

うん!おいしそうっ!

|

« 慰めの報酬 | トップページ | 節分 »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

そーなんです。
琵琶湖博物館、最高ですよねー。何回行っても飽きません。
うちの子たちも超お気に入り!!!
しかも毎月第三日曜日は、滋賀県民だけなななんと無料なのです!!
これはもう、滋賀に引っ越すしかないですね~。
しかし、後から気付いたのですが昨年から第三日曜は燦々ショールーム…とほほ

投稿: soup2号 | 2009年1月27日 (火) 09時19分

soup2号さま

ホント、琵琶湖博物館最高でしたっ!
滋賀県民だと第3日曜日、無料だなんて、うらやましい。
まだまだ知りたいことがあるのですよ。

燦々ショールームも第3日曜日。

あぁ、滋賀の第3日曜日はいいなぁ~。

わが隊も滋賀に引越し・・・。

投稿: セカチノフ | 2009年1月27日 (火) 17時32分

すごーく比良に興味をお持ちで・・。

比良に住めば毎月第3日曜日にお出かけできますよ。

soupさんにもびわ湖博物館にも・・。

中川さんチも森さんチも。

そういえば、比良岡さんが昭和の初めの湖上交通については詳しかったなあー。
生き字引ご紹介しますよ。

投稿: skog | 2009年1月27日 (火) 21時18分

skogさま。

比良に住めば毎日3時におでかけしてしまいそうです。

それにしても比良岡さんは何でもご存知なんですね!
またお宅に伺いたいものです。

例えば比良から割り木や柴、石、粘土を近江八幡方面の瓦屋へ輸送し、瓦屋は大津へ輸送、大津から石炭を持ち帰ったそうです。比良は近江八幡方面から何を持ち帰ったのか、気になるところです。

また以前にも書きましたが比良は歴史資料の空白地です。本屋にも琵琶湖博物館にも、国立民俗学博物館にも、記述が中々見当たりません。それがまた知的好奇心をそそるのです。

やはり、比良の古老に聞くのが一番だと思っています。

投稿: セカチノフ | 2009年1月27日 (火) 22時35分

まだ、一度も琵琶湖博物館に行った事がないのですよ。
けどこの前、soupさんから第3(日)は滋賀県民は無料と聞き無料にすぐに反応する私でもあります^^

うちの子たちはこのベットで赤ちゃんの時ゆらゆらと寝てました。
良かったらお貸ししますよ~ 

投稿: H&M | 2009年1月30日 (金) 21時38分

H&Mさま

同じベットですか?すごい~。
お言葉に甘えて貸していただこうかしら。。。。

琵琶湖博物館とってもオススメですよ!
何より小さい子どもがすごく楽しそうにしてました。
水族館の熱帯魚も色の地味な淡水魚も子どもにとっては
同じお魚、かわいいんですね~。
モロコの水槽なんて美味しそうすぎてヨダレが出ます。

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2009年2月 1日 (日) 15時04分

私も以前遊びに行って
感心しました。
幼少の頃堅田の浮見堂の近くで育ったので
魚釣りが遊びでした。瓶浸けとか(字が違うかも)
釣れるのはタナゴ(ぼてじゃこ)が主でしたが
時にはガンゾとかが釣れたり楽しかったわ、
今では希少種になってしまった・・・
また浜遊びも孫に伝授しますのでお楽しみに(^_^)
今度遊びに来る時は
事前に連絡くださいね~
氷魚(ひうお)が1月20日に解禁になりました。
今度は山椒煮&茹で氷魚で一杯やってくださいまし♪♪

投稿: ほっとママ | 2009年2月 2日 (月) 01時58分

ほっとママさま

浜遊びを孫に伝授?
その前に、ボクたちに伝授お願いいたします(笑)

山椒煮&茹で氷魚で一杯♪♪
それを想像しながら今日は一杯やりましたよ~。

それでは今月も休日のどこか、比良へ里芋コロッケ食べに伺いまーす!

投稿: セカチノフ | 2009年2月 3日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/43857930

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖博物館:

« 慰めの報酬 | トップページ | 節分 »