« 梅園と中国茶 | トップページ | BOCCIO »

春の比良と天狗さま

Tengusugi1

人よりも鳥のほうが多いはずの比良が。

今日は、人だらけでビックリ。駅前のほっとすていしょん比良では、亀岡からの視察団を受け入れているのだ。興味深い話を聞く彼らの目の先には、ほっとママ。ボクたちも便乗してお話を伺うことにした。

Tengusugi2

さて、それより30分ほど前。

こちらは3連休というのに、いつものようにガラガラの車内。比良に向かう湖西線は、普通電車がよい。一車両にヨシコだけなので、ついついボクはゴロリと寝転がってしまう。

突然、ヨシコが窓を見て騒いでいるので見てみると、車外の窓に小さな虫がしがみついているではないか。その虫は堅田からやってきて、猛スピードで走る電車の風圧に羽を震わせながらも、数ミリの細い足を懸命にふんばっているのである。

あっ!後ろ足が外れた!

あっ!ふんばった!

時速80kmから100kmの世界に生きるその虫に二人して声援を送る。そしてその虫は、和邇で颯爽と下車。

Tengusugi3

もうツクシの季節です。

雲ひとつない比良の空の下で、ほっとママの話を聞く人は年配の方ばかり。外をうろうろしているおじさんに聞くと、亀岡のお百姓さんだそうで、ほっとすていしょん比良の裏に実る蜜柑を見ては、4月はお祭りの季節や。わしら若いときは、見るだけですっぱい蜜柑しかあらへんもんやったと言っては、蜜柑を触られます。

田んぼでは雲雀が白い羽をくわえて求愛中。若い蓬(よもぎ)を見たおじさんが、これは乾燥させて健康茶にすればええと笑う。その肌はツルツルで、何歳なのか分からないほどなのだ。

Tengusugi4

ほっとすていしょん比良の中ではまだまだほっとママのお話が続きます。

ここは、比良のブランドであるお味噌を地元の人に、身近な場所で買ってもらおうと始まったこと。また、食事をしていただくことで、滞在時間の多さが交流につながっていくこと。そしてそこから地域のつながりが出来ていったこと。それは例えば、ヨシ笛コンサートや、写真展として結実したというお話。

Tengusugi14

また昔は野菜をいっぱい作っていたそうですが、最近では諸事情で加工が多くなってきている。しかし、その素材は常に自分達で作っていること。また営業日が水・土・日と、ある意味、飲食業をやる上で効率の悪いものではあるが、そこには秘密があって、夏野菜は一週間も空くと、使えなくなる。そこで間の水曜日も営業しているということ。

へぇ。そうなんだぁ。ふん、ふん。

ボクたちも比良に通って1年以上経つが、まだまだ知らないことだらけなのだ。

Tengusugi5

例えば、気になるのがこの石垣。

駅から国道に抜けるまでに目に付く、長い長い石垣。これなんだろうといつも思ってしまう。昔の線路跡なのかなぁ。さらには、鳥よけにしているのだろうか、マネキンの首が棒に刺さって乱立している恐ろしい畑もある。ここは、夜ともなると非常に恐ろしいスポットではないかと想像してしまう。比良には、まだまだ隠されたおもしろいことがありそうなので、さっそく今日も散歩するのだ。

Tengusugi6

げぇっ!道がない!

比良とぴあを抜け、庄六さんのお墓に参ろうと思うも、分からず。後山・畦倉遺跡はどこにあるのかさっぱり分からない。綺麗な小川の横の森をのんびりと歩き、その西側を気にしているも、湖西道路の延長か何か知らないけど、ぶつりと森が終わって、切り取られた山肌が痛々しい。意気消沈しながら、引き帰し、天狗杉の観音堂を目指す。

Tengusugi13

小さな森を抜けると、田畑の向こうに琵琶湖が見え、そして大きな杉とこれまた大きなツバキが現れる。観賞用のツバキの大きさに慣れていたボクにすると、この15mほどあろうかと思われるツバキの大きさにビックリしてしまう。

この天狗杉は数百年前、あるいは二千年前からあるとも言われる非常に古い木。説明を読んでいると、この杉には天狗さまが住んでおり、触ると祟りがあるとか。

Tengusugi7

ん?比良で天狗さん?

まさかここに腰掛けるのは、比良山の次郎坊じゃないでしょうねぇ。

そう考えると、このツバキもかなり古くからありそうだ。まさか鳥山石燕の今昔画図続百鬼による、老いたツバキの木に精霊が宿り、怪木と化して人をたぶらかす、古椿の霊じゃないでしょうねぇ。

おぉ、ちょっと怖い。

観音様にお参りすると、美しい鐘の音が響く。用水路を流れる水の音を聞きながら、しばし目を閉じた。

Tengusugi8

こら、お前は電車で天狗になっていただろう!

さっそく日本一大きな狛犬がある近江舞子の八幡さんで、狛犬に怒られる。人が乗っていないとはいえ、電車でゴロリはダメですね。ちゃんとマナーを守ります。お許しあれ。

Tengusugi9

近江舞子の田んぼを前に、一休み。

比良の食材を味わいながら、先程の話を思い出す。家庭の味、主婦の味を日々つくっていますということ。本当に、それがおいしいのだ。だって高いお金出して、いいお肉や懐石料理もいいかも知れないけど、毎日食べれるかと聞かれれば、そうではないのだ。毎日食べれるものがおいしい。それこそ、幸せなのだ。

Tengusugi11

亀岡のお百姓さんは言います。

田舎は土曜・日曜に来る分にはええ。綺麗やしな。せやけど食べていくのは大変や。毎月20万、30万の暮らしをするにも大変やねんで。

それでもそのお百姓さんは、終始ニコニコで、肌ツルツル。食べていくのが大変なのは街でも一緒。手に触れるもの全てにお金を払わなくてはならなくて、ツクシも生えてなければ、蓬(よもぎ)もないし、空気も水も悪い。それに気づいた人々はこの先何を選んでいくか。それは自ずと見えてくることでしょう。

あぁ、草の香りにつつまれる幸せ。オオイヌノフグリを踏まぬよう気をつけて、頭の上にはトンビ、ヒバリ、ハクセキレイ。比良の湧き水をグビグビ飲んで、陽炎にゆれる春の景色をのんびり見るのだ。

Tengusugi12

ほっとママは言う。

比良は味噌だけが特産品ではなくて、この自然も特産品であり、集う人の輪もここの「ご馳走」なんですと。

亀岡の視察団の方が帰り際、ボクたちに近づいてきて、ぜひ亀岡にも来てくださいと声をかけてくれた。その人は、自然や特産品だけでは、人は来ないものです。やっぱりその土地に会いたい人がいるということが、一番の条件なんですと言い残し、去っていく。

それを聞いて、ボクたちもあたたかな比良の人々がいなければ、こんなにも比良に来ないだろうということに、改めて気づいたのです。

Tengusugi10

そして近江舞子から比良への車窓。

今まで気づかなかった天狗杉が揺れている。それは目に見えぬ天狗さまが、ゴロリと座席には寝転ばず、背筋を伸ばして着席しているボクたちに、手を振っているようだった。

|

« 梅園と中国茶 | トップページ | BOCCIO »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

昨日は長いことお待たせしてゴメンね。
気になりつつもせっかく研修に遠くから来られたので・・・

でもいつも???逆と違うのかな?
私たちが教えてもらいに行かんとあかんの違う?
と思いつつ、私たちの思いを伝えています。

昨日はせっかくお天気も良かったのに、
スタートが1時間ほど遅れて
ゆっくり散策できたかなァ??と心配したけれど
楽しめたようでホッとしました。
庄六さんの墓は私もなくなっててビックリがっかりしたけど、
本当は工事で寸断された所を横断して直進したら健在だそうです。ほっとしたけどでもがっかり!!ちょっと悲しいくらいでした。

後2ヶ月あまり、いいもの見て食べて元気な赤ちゃんの顔を見るのが楽しみですね。
ほっとすてぃしょんのママさんたちも、
皆可愛いやろうと楽しみにしてはりますよ♪
次に会う時は3人で・・かな??


投稿: ほっとママ | 2009年3月23日 (月) 03時15分

先日は最高の天気の中、散歩できて楽しかったです。

それにしてもほっとママはお話上手で、戸外からしっかりと拝聴させていただきました。貴重なお話と、お時間、ありがとうございます!

その次には代表が工房でお待ちと聞いておりましたので、ボクたちも亀岡の視察団ですと言って紛れ込もうかと思ったぐらいです(笑)

それにしても庄六さんの墓は悲しいことになりました。とても残念です。工期が終われば、また歩きたいと思っています。

そして去年の夏にいただいたプチトマトの挿し木。

枯れても何だか中々引っこ抜けなくてそのままにしてたのですが、あの日帰って、抜いてみると、プランタいっぱいに根を伸ばしていて、プランタの中の土を全部持っていきそうになるぐらいしがみ付いて、元気でした。

比良の命はすごいです!

それでは、今度お会いする時も、まだ二人ですよー。
毎月伺う予定ですので!

投稿: セカチノフ | 2009年3月23日 (月) 21時12分

うちのご近所来られてたんですね~
次回一緒にお散歩しましょう~

あの工事は残念。。。
我が家も皆お散歩に行き「わぁ!」と子供達も驚いてました。
せっかくの森が・・・森じゃないと(悲しい)
それまでの道がいいのに最後にがっかりでしょ。

沢山歩きましたね(驚)

投稿: H&M | 2009年3月28日 (土) 01時11分

H&Mさま

そうなんですよ、ご自宅の横の道をてくてく歩いていましたよ!
ちなみにH&Mさんの家の裏では、イタチが歩いてました。

あの工事は、本当にびっくりでした。

車道が出来ると利便性がよくなるとは思いますが、車に乗らないボクたちにすると、残念な気持ちのほうが大きいです。高速道路1000円にしても、僕たちは関係ないですからね~。

京都議定書でエコだエコだと国は騒ぎ立てて、やれ景気対策だとして高速道路1000円にして車走らせまくって、税金使わないよう民営化したはずの高速道路株式会社に税金から5000億円を単純補てんすような政治ですから、心配です。

比良も大津市に提言して色々な街づくりの法令を定めてもらい、豊かな自然と共存できる街になればなぁと思います。

あっ、スミマセン。長々と。

ちなみにこの散歩コース。

5kmもないような感じで、すぐに近江舞子に着いちゃいました。のんびり歩くにはいいコースで~す!

投稿: セカチノフ | 2009年3月28日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/44421390

この記事へのトラックバック一覧です: 春の比良と天狗さま:

« 梅園と中国茶 | トップページ | BOCCIO »