« 小さな世界旅行 | トップページ | 筍 »

U23D

U23d001

どうも最近、涙もろくなりました。

大画面、大音量、3Dで体感するU2のライブ。梅田ブルク7で映画「U23D」を見たわけですが、おぉぉ、目の前までヴォーカルのボノが飛び出てくるではないか。ヨシコともども、3Dメガネをかけながら座りながらのライブに、どうもお尻がモゾモゾしてくる。

立ち上がって叫びたい。

そう体が要求するのである。

U23d003

特にに3Dの効果は、ドラムの上からの映像がすごかった。そのときのラリーのかっこよさと言えば、最高なのだ。アダムとボノがキス。隣のおばちゃん、歌いながら、身を乗り出してノリノリ。MISS SALAJEVOで涙腺ゆるんで、WHERE THE STREETS HAVE NO NAMEで涙。ONEでもう前見えない。

U23d4_2 

そのONEで、ヨシコによるとお腹の子がブルン!ブルン!と踊り出したらしい。踊るわが子に泣くオイラ。そしてTHE FLYでは3D効果抜群の映像が繰り広げられる。何度見ても、BELIEVE(信じるている)の中に、LIE(嘘)が含まれている文字にハッとさせられる。

当たり前だと思っていたことが実はそうではないということ。

Kisekinoringo_2 

そういえば、この映画を見る前に「奇跡のリンゴ」という本を読んだのだが、農家・木村秋則さんは農薬が当たり前とされていたリンゴを、無農薬で実らせた人。そのドキュメントに朝から涙したっけ。秋則さんだけでなく、それを支えた家族の言動に心動かされる。U2もONEで歌うではないか、ひとつの人生、だけど全く同じだってわけじゃない、お互いを支えあっていかなければ、支えあってひとつへと、ひとつへと。

どうも最近、涙もろくなりました。

U23d6

そして映画の感動を胸に、ヨシコと寿司屋に入る。

周りはおっちゃんばっかり。さっきのきらびやかな世界に負けず劣らず、ラメ入りの服を着てサングラスをかけた大阪のおっちゃんが、横でヨコワを頼んでる。あちこちでおっちゃんの声。

タコくれ、タコーっ!

ダブル、チョコイチでーっ!

熱燗、熱つつつつつつ!大将、これ熱すぎやで!

ちゃんと見える?目の玉取り替えるか、メガネ買いやぁ!

ちょっと、お客さん、寝たらあかーん!

大阪庶民、気取らない寿司屋のカウンターはこんなもん。この喧騒が最高である。大将の客のさばき方も粋なものである。生の蛍烏賊が最高。目の前で握られた寿司をパッと口に放り込む。

くぅぅぅ。山葵(わさび)がたまりませんわ。

Cha

されど男は山葵(わさび)ごときで涙は見せまい。

1987年7月4日、パリ、ヴァンセンヌ競馬場のライブでボノは「涙は歌の中だけで十分だ」と言ったではないか。しかし、そうはいかないときもある。

へっくちーん!

春は花粉症。

どうも最近、涙もろくなりました。

※U23D SETLIST

Vertigo
Beautiful Day
New Years Day
Sometimes You Can't Make It On Your Own
Love And Peace (Or Else)
Sunday Bloody Sunday
Bullet The Blue Sky
Miss Sarajevo
Pride (In the Name Of Love)
Where The Streets Have No Name
One
The Fly
With Or Without You
Yahweh

|

« 小さな世界旅行 | トップページ | 筍 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/44286181

この記事へのトラックバック一覧です: U23D:

« 小さな世界旅行 | トップページ | 筍 »