« 比良の風 | トップページ | 幸せのカタチ »

能勢妙見山

Myoukensan1

春の雪。

高台にある吉川小学校の桜が、散っていく。空一面に紙ふぶきのようにキラキラと日光を反射させて舞い降りてくるたくさんの花びらが、ゆっくりと僕たちを包み込んでいく。

Myoukensan2

能勢電鉄、妙見口。

我が家から1時間の電車の旅。能勢電鉄は初めて乗ったのだが、やはり窓が開く車両というのはとてもいい。春の匂いいっぱいに、山々の間を走っていく。いくつかのトンネルを抜けると終点、妙見口。そこから吉川小学校の袂を過ぎ、黒川まで徒歩20分。タンポポが咲き乱れ、田んぼは収穫にむけて準備を始めている。

Myoukensan3

ヨチュオさん、大人げなくない?

ヨシコにそう言われるも、最前列のシートに座る。後から来た小さな子どもたちが口々に、「前で見たいー!」という言葉を黙殺し、いよいよ急傾斜を登る妙見ケーブルが発進する。許せ、将来有望なる子どもたちよ。大人といえど、君達と同じ景色を見たいときがあるのだよ。

子どもたちの嬌声を背に、ケーブルカーはどんどんと登る。右も左も見事な桜。葉桜になるべく白き花びらをこれでもかと、ケーブルカーに降り注いでくるのだ。そして北側。炭を作るための山を、間伐し、管理しているとのアナウンス。かの有名な能勢の菊炭かなぁ。

Myoukensan4

それではお昼ご飯にしましょう。

朝からヨシコがお弁当をつくってくれる。焼きたらこと氷魚の玄米オニギリに、卵焼き、エビのソテーなどなど、桜の木の下でのんびり舌鼓。標高524mから見える山々にも様々な桜が咲いていて、どこを見ても最高に気持ちよし!

Myoukensan5

シグナス森林鉄道。

実はこの鉄道に乗りたくてやって来たのだが、休日ともあって子どもたちが長蛇の列。妙見ケーブルの最前列を占拠して申し訳なかったと思っていたので、今日は見るだけにした。ふと料金表を見ると、大人200円、子ども100円。でも、シグナス森林鉄道って中学生以上は大人料金なのだ。

Myoukensan6

大人と子ども、その境界線はどこなのだ。

大人だって竹馬に乗りたくなることもある。きっと大人は、「大人になりたいと努力している子ども」なのだ。そして還暦になったら、何かから解放され、子どもに戻るのかも知れないなぁ。

Myoukensan7

リフトで山頂方面へ参りましょう。

前を行くヨシコが頭をたれる。寝たのかい?と聞くと、お腹の子にお話ししているのよと返ってくる。向こうからすれ違う親子連れ。父親が後ろを振り返り、後ろのリフトに乗っているかわいい3歳ぐらいの我が子の写真を撮っている。そして子どもが僕たちの横を通るころ、父親には聞こえない声で「写真ばっかり撮らんでよろし」と言う。それを聞いたヨシコが大笑い。子どもも大人顔負けの発言をするものだ。

Myoukensan8

ヨチュオさん、わたし妊婦だけど、危険なところに行かないよね。

もちろん行かないよ。ちゃんと考えているからね。ゆるやかな登りだし、もうすぐ行くとブナ林があるはずなんだ。

それなら行くわ。お産のためにも妊婦はしっかり歩かなきゃダメなのよ。

ところでヨチュオさん、ブナってどんな木か分かっているの?

さぁ、何となく「これブナかなぁ」でいいんじゃない。

…帰りましょ。

Myoukensan10

ヨシコは水戸黄門の歌を歌いながら歩いている。

そしてボクを見るなり、「助さん、格さん、ついてらっしゃい!」とすっかり黄門さま気分で先を行く。

ヨシコよ、その後ろ姿はどう見ても、うっかり八兵衛だよ。

Myoukensan11

あの人、赤ちゃんいるんじゃない?

能勢電鉄の車内で子どもたちが、ヨシコのお腹を見てささやきあっている。ヨシコがパッと見ると、シーッ!と言い合って、気づかれないようにする子どもたち。そのまま大きな声でシリトリが始まった。

ラッコ!

パンダ!

ダチョウ!

ちょっ、ちょっと待ってくれ。ラッコの次はパンダでいいのかね。

Myoukensan12

こんな小さな旅のあとは、ビールに限る。ヨシコがワラビを炊いてくれ、たっぷりの鰹節とともにいただくと、うまい!となるわけである。何でもシンプルが一番。

ちなみに妙見口の前の食堂でもビールを飲んだわけだが、そこでは5歳ぐらいの子どもがエプロンをして大人顔負けに働いていた。家族なのかなぁ。お父さんがその子を抱きかかえると、ふにゃふにゃ~とすぐに子どもの表情に戻る。

大人も子どもも、素直な気持ちで参りましょう。

|

« 比良の風 | トップページ | 幸せのカタチ »

まったりし隊の旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメント再チャレンジでOKでした。

能勢電鉄で楽しい小旅行だったようですね。
ヨシコさん元気に闊歩する姿が最高ですね♪♪
先日私も能勢町に元気なお母さん方の加工グループがあって研修に行って来ましたが、また違った雰囲気のスポットで興味あります。
それにしても、いろんなところをよく知ってはると感心します!!

投稿: ほっとママ | 2009年4月15日 (水) 23時21分

ほっとママさま

能勢は何だか暑いところでした。
山と山の間に家々が点在する感じですよね。

いろいろなところを知っているわけですが、まだまだ「これがブナだ」と確証をもてないほど、頭デッカチなわけですよ。

もっと歩いて、触れて調べて、知識を知恵に、そして自分のものにしたいなぁと思っていま~す!

投稿: セカチノフ | 2009年4月16日 (木) 20時26分

さすがですね!!
私はほとんど感覚だけで生きてるようなもんで
あこがれます!!

だからブログとても楽しみにしています。
それとトップページの写真、ヨシコさんの元気で明るい写真が
毎回変わって出てくるので、何度みてもほのぼのします。

投稿: ほっとママ | 2009年4月16日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/44650333

この記事へのトラックバック一覧です: 能勢妙見山:

« 比良の風 | トップページ | 幸せのカタチ »