« バオバブの記憶 | トップページ | ビストロ・ヨチュオ »

かんじる比良(2009初夏)

Hitohira1

梅ちゃん大移動。

去年も5月末に梅酒をつけていたヨシコ。台所の下から2004年から毎年分のビンがゴロゴロ出てくる。

去年の梅酒はおいしかったわね。でもどんな分量で作ったか、まったく覚えてないわ。砂糖と焼酎の割合、それはその日の気分で決めるのよ!

ヨシコはせっせと仕込みだす。下のパン屋さんに、青梅仕入れてくれませんかと頼むと、翌日には仕入れてくれた。そんなありがたい気持ちとともに、今年は梅酒、蜂蜜梅ジュース、梅ジュースを作る。スピーカーからはport of notes。彼女たちのライブに行ったばかりなので、聞こえ方、感じ方がよりよくなった不思議。

ヨシコリちゃん(ヨシコとヨシノリの子なので、お腹の子をそう呼んでいる)、父ちゃんが飲んでしまわない限り、アナタも大きくなれば、生まれ年の梅酒が飲めるわよー!

そうお腹に言いながら、ヨシコは朝から大忙し。ボクは焼酎3.6L、氷砂糖1lkgを近くの店から担いで帰る。

Hitohira2

ヨチュオさん。

分かってますよ。呼んでるんでしょ。12時22分発のがあるから。

そう、無性に比良なのよ!

そう言うなりヨシコは着替えだし、ヨシコリ!行くわよ!と家を出る。

「かんじる比良」が豚インフルエンザの影響で中止となり、比良で懇意にさせていただいている人たちと連絡はとっていたのだが、メールよりも、電話よりも、今は顔を見ることよ!とヨシコは飛び出した。

近くの蓮池では、口ばしが赤い水鳥の雛が、ふわふわの体で蓮の葉の上をお母さんの後ろについて歩き、鵜の仲間は羽を広げて日光浴。

Hitohira3

来た、来た、来たー!

和邇から蓬莱を走る車窓から、緩やかな山の稜線が見えてくる。このあたりから権現山にかけて見える比良山系はやさしい表情をしていてお気に入り。それが真正面にどっしりと迫ってくると、いよいよ比良だ。水がはられた田んぼに、山と青空が映っている。冬は、そこから先、近江舞子から北小松にかけての山の姿が忘れられない。葉を落とした木々に雪が積もり、深い青空の下でキラキラしていたのだから。

比良につくと大阪から来たとあって念のため駅で手洗い、うがい、消毒をする。駅を出ると、ちょうどほっとママが車でどこかへ行こうとしているではないか。ひょっとして工房かと思い、急いで呼び止めてしまった。

Hitohira4

帽子をかぶったから、ぺっちゃんこ。

ほっとママは朝は良かったのよー、と綺麗にカットされた髪をなでながら笑う。比良の風は気持ちいい。そのまま、うまっこ、ひらっこ、コロッケ定食に一直線。どんな味か、ひと言で説明すると、元気になる味!これにつきます。子どもはレジでおいしかったー!と言い、湧き水も甘ーい!と喜んでいる。

Hitohira13

イベントは中止とは言え、比良は変わりなくここにある。ほっとママはインフルエンザでこのイベントが突然中止になったことよりも、そのショックで人の心にインフルエンザがまん延してしまうことのほうが、悲しいことなのよと、一生懸命準備されてこられた仲間の間を走りまわられます。

一方、ボクたちのように去年のマップ片手に散策を楽しまれる方もちらほら。どんなことがあっても、ゆっくりと根付いていっているのだなぁと、自分のことのように嬉しくなってしまう。

Hitohira5

心に余裕があるからこそ。

ほっとすていしょん比良で、ボクたちが大きな声でじゃがいもと、ローズマリーのコロッケを頼んだからか、横のおじさんも持ち帰りでコロッケ単品をご注文。注文を聞いてから揚げるので、少し時間がかかる。

店の奥のほうからパチパチ!と香ばしい音が聞こえてくるとともに、頭の上からガタン、ゴトンと電車の音。おじさんは、この電車に乗るはずだったんだけどなぁと笑う。

そのおじさんは、次の電車は何分ですか~?と聞き、確認しながらも、そんなアクシデントを怒りもせずお楽しみ。その後、ホクホクのコロッケを頬張りながら、ホームで春の比良の景色をゆっくり満喫できたのではないかと想像してしまう。

アクシデントも楽しまないと!だって次の電車は来るのですから。

Hitohira6

お腹の中でかんじる比良、第9回にて最終回だよ!

ヨシコはヨシコリに色々なことを教える。

比良はねぇ、人よりもカエルのほうが多いのよ。ほら、聞こえるでしょ。ゲコゲコと。そしてね、ここの田んぼのね、お米を食べてアナタは大きくなったのよ。お腹の中でかんじる比良は今日で最終回だけれど、今度はカラダでかんじる比良が始まるから、乞うご期待!

ふぅ、それにしてもお腹が大きいと、さすがに疲れるわねぇ。

まったり参りましょ。

Hitohira7

うぉぉー!

迷いの森はすっかり葉をつけて、涼やかな道を示してくれる。カサコソ!と音をするほうを見たヨシコは、トカゲの存在に気が付いた。どれどれトカゲを探しましょう。

Hitohira8

余裕のトカゲさん。

ボクが見ていると、ワキの下をせっせと掻いている。それにしても逃げないなぁ。

Hitohira9

迷いの森は毎月歩いているけれど、初めて見る花があった。

ほんの1週間違うだけで、まったく違う姿を見せるのだから、四季折々の比良をかんじるのも大変。それだけ奥深く、楽しいものでもあるのだ。これはウツギなのか何なのか、よく分からないので、誰か教えてくださーい。

※追記:エゴノキでした。

Hitohira10

来てくれてありがとう。

エツコさんと、ほっとママのひと言目がまったく同じだったことに二人して驚いた。こちらこそありがとうございますと日々言いたいぐらいであって、また「ありがとう」と言える人がいるということこそ、「有難い」ものではないだろうか。

その後、H&Mさんも合流して、初産の武勇伝で大盛り上がり!安産の秘訣を伝授されたヨシコは、終始リラックスを心がけている。会いたい人には、約束などなくとも会えてしまうこの不思議。ヨシコリも全身で感じていることでしょう。

Hitohira11

花は落ちても咲いている。

迷いの森の気持ちよい匂いの源は、土に落ちた白い花だった。風で飛ばされても、青い空にむかって、来る人を楽しませてくれている。今年のかんじる比良みたい。どんなことがあってもやがて土にとけて、根から吸収されて、また来年、花が咲く。

Hitohira12

わが隊も秋に向けて準備万端。

比良の突風にも、雪深い道にも負けない乳母車がその出番を待っています。

|

« バオバブの記憶 | トップページ | ビストロ・ヨチュオ »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとう!!
本当に逢いたい人には引き合うように出会えるので不思議ですね。
実は電車に遅れたおじ様、その前の電車に乗るはずが
まったりしててギリギリやし、次の電車は何時??
と尋ねてはった方やと思います(^_^)
そんな比良の楽しみ方も良いのでは。。。なんて思います。

乳母車、本当に可愛いですね~~♪♪
次回はヨシコリちゃんがここに寝んねして一緒に比良まで遊びに来てくれるんですね、
楽しみです。
リラックスして安産でありますように祈ってます。
先輩ママのアドバイスがあったし良かったね(^_^)

投稿: ほっとママ | 2009年5月24日 (日) 23時47分

そうそう~これこれ!プスプス♪
私も欲しかったが高いから却下でした。
さ~てどっちかな~ 楽しみですね。
何故か私の初産の話しで盛り上がってしまい^^;
リラックスですよ~ 

投稿: H&M | 2009年5月25日 (月) 01時58分

ヨシコリちゃん、元気に育っているようで何よりです。
感じる比良、残念でしたね~
そんな中、様子伺いに訪問とはまったりし隊さんらしいです。

梅酒、是非是非残しておいてあげて下さいな~~
飲んでしまいそうなら、比良でマムシを捕まえてマムシ酒という
手もありますよ~~(昔はどの家にもあった万能薬)

投稿: くま先生 | 2009年5月25日 (月) 03時19分

>ほっとママさま

絶妙なタイミングでお会いできましたね~♪
いつもちゃんと会えるようになっててスゴイって思います。
コロッケのおじ様は電車2本も遅れてしまったんですね!
でも、とってもニコニコ顔でしたよ~。心のゆとり。

乳母車は比良仕様で、ガタガタ道もOKの強者です。
迷いの森も余裕です!きっと!比良のお散歩楽しみ~。


>H&Mさま

そう!プスプスです☆
でかい、重い、高い!ですが赤ちゃんにはかなり良さそうです。
そしてやっぱりかわいい~♪
H&Mさんの初産のお話聞いて、不安が吹っ飛んで
リラックス安産に自信がもてました!(どんな自信だか?)
リラックス、リラックス~。


>くま先生さま

ご無沙汰してます!
くま先生も少し前に「かんじる比良」されてたようですね☆
ほっとすていしょんさんのコロッケ定食は1ヶ月に1度は食べないとカラダが震えます。。。
米粉パン、お惣菜も最高ですね~。

梅酒ビン開封権はヨメの私にありますので、ご安心ください!
私が結婚する時に、うちの父が生まれ年に漬けた梅酒をビンに
入れてプレゼントしてくれたんですよねぇ。
早生まれって忘れてて1年前のと間違えて。。。
その後急いで、本当の生まれ年のをくれましたけど。
マムシ酒でもいいかい?ヨシコリ!?

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2009年5月25日 (月) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/45112414

この記事へのトラックバック一覧です: かんじる比良(2009初夏):

« バオバブの記憶 | トップページ | ビストロ・ヨチュオ »