« ビストロ・ヨチュオ | トップページ | アシナガバチとタンソクトウチャン »

風の便り

Kazenokoto1

晴れて良かったねぇ。

お腹を揺らしながら、家から歩いて万博公園までやって来たわが隊。妊婦はとにかく散歩が大切。

ヨシコリ、分かるかい?

この広場はね、アナタがお腹にいたことを知らず、ヨチュオさんとバドミントンをしたり、走り回ったところなんだよ。

少し歩くとヨシコが鼻をピクピクとさかんに動かしはじめる。よく見ると、近くにバーベキューコーナーがあって、多くの家族連れが、昼間から食欲旺盛に楽しんでいるのだ。

ヨシコリ、分かるかい?

これはね、玉ねぎが焼かれている匂いだよ。

ん!これはタレの匂い。

はぁあ、せめてお肉の匂いだけでも・・・。

そう言いながらバーベキューコーナーに引き込まれていくヨシコを何とか止める。

Kazenokoto2

青空に響く音。

やっぱり太鼓は空の下が似合うなぁ。とにかく皆、楽しそう。

Kazenokoto3

ちょっと休憩しましょう。

本来ならば国立民族学博物館で、特別展「千家十職×みんぱく」茶の湯のものづくりと世界のわざを再度、拝見する予定だったが、勘違いで入れず。八の字眉になったヨシコを木陰のベンチに連れて行く。

風が気持ちいい。

木々のざわめきの中で、ヨシコは語りだす。

Kazenokoto4

ヨシコリ、分かるかい?

この風はきっと遠くから来たんだよ。

いきものとは、息をつくるもの、風をつくるもの。

この風は誰かの最後の息で、それを誰かが受け取るの。

Kazenokoto5

ヨシコの言葉に誘われてか、風がくるくると回る。スズメが可愛いポーズをとって、何かくれませんかと目配せする。木漏れ日もキラキラ。

ヨシコリ、分かるかい?

この風の中に・・・。

ヨシコ、深呼吸。

ん!!

ヨチュオさん、これはバーベキューの残り香っ!

またまた匂いの方へ歩き出すヨシコ。その後ろをついて歩くボク。家に帰ると、昨日芽生えたばかりのコリアンダーがすっかり双葉になっていた。

|

« ビストロ・ヨチュオ | トップページ | アシナガバチとタンソクトウチャン »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/45193176

この記事へのトラックバック一覧です: 風の便り:

« ビストロ・ヨチュオ | トップページ | アシナガバチとタンソクトウチャン »