« 夏のはじまり | トップページ | よしよしプロジェクト »

B.A.K.

Ohinamaki1

おひなまきでも眠りません。

ヨシコリはとにかく元気!そして火がついたように泣くことも。抱っこしても、あやしても、散歩しても目がギラギラ。胎教で聞かせたQUEENのフレディー・マーキュリーの歌声も、U2のボノもダメ。ライブまで連れたビューティフル・ハミングバードもアン・サリーもダメ。

Ohinamaki2

ところがある日。

たまたまRUSHのアルバムをかけていると、泣きやみ、うっとりとしているではないか。しかもザナドゥというマニアックな曲で眠るとは。

これは研究しなければならぬ。

さっそく初期RUSHから後期RUSHまでかけてみると、初期の無駄に声が高いゲディー・リーがいいようだ。それではレッド・ツェペリンはどうだ。これはダメ。しかしRUSHにしても眠るまでの効果はない。他にはどういう要因があるのだろう。

はっ!さてはカナダ産が好きなの?

そこでブライアン・アダムスをかけてみる。

Ohinamaki3

2秒で陥落。

これはすごい!わたしたちはこれをB.A.K.。つまり、

B(ブライアン)

A(アダムス)

K(効果)

と呼ぶことにした。いくらお腹にいるときに聞いていた曲でさえ、やはり個人の好みというものがあるのであろう。

Ohinamaki4

さて個人の好みとは何か。同じカナダのアーティストであるRUSHのゲディー・リーとブライアン・アダムスを見比べてみる。

はっ!まさかヨシコリ、お前。

するとヨシコリはニヤリを笑う。

B(ぶっちゃけ)

A(あたし)

K(顔のいい男が好き)

そうだったのか!

Ohinamaki5

ヨシコリはブライアンを聞きながらご機嫌さん。

我らも少し用事ができたときには、ブライアン・アダムス・効果をすぐに使ってしまうわけだが、この効果にもひとつ欠点があることに気がついた。そう、毎日、毎回、ブライアン。

B(ブライアン・アダムス聞きすぎて)

A(あたしたち)

K(気が狂いそう)

ヨシコリは飽きないのかなぁ。

|

« 夏のはじまり | トップページ | よしよしプロジェクト »

ヨシコリとの情景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/45726057

この記事へのトラックバック一覧です: B.A.K.:

« 夏のはじまり | トップページ | よしよしプロジェクト »