« 1ヶ月検診 | トップページ | はじめての散歩 »

ムーンウォーク

Gudaguda

それは夕陽が住宅街を紅く染めるころだった。

ボクは八百屋さんでバナナピーマンなる謎のピーマンを片手にレジにならんでいた。開け放たれた空間から、冷房の冷気とともに、大音量のラジオが路上に流れていく。その流れにそってボクの視線は、自然と外にむけられた。

すると酒屋の方角、つまり夕陽の向こうからひとりのおじさんが歩いてきた。

そのでっぷりとしたお腹を見ると、おそらくメタボ解消のために夕食までのウォーキングに励んでおられるのだろう。しかしこの酷暑である。すでにTシャツは汗にまみれ左手の中でクシャクシャとなり、右手のタオルでしきりに汗を拭く。

酒屋の自販機の前をとおるとき、おじさんの視線はチラリとビールのほうへ。分かる、分かる、その気持ち。酷暑の中で飲むあの麦芽、ホップの香りはたまらないものである。

その誘惑にも耐え、上半身裸、パンツ一枚。フラフラとした歩み、視線はアスファルト、背中も折れ曲がらんばかりにうつむき、今にも倒れそうで心配になる。

その時である。

POW!(パウッ!!!)

正直、ボクもびっくりするほどの音量で、マイケル・ジャクソンのスムース・クリミナルがラジオから流れ出した。カラダが思わず揺れるようなリズム、想い描かれるマイケルの華麗なダンス。

ウォーキング中のおじさんもビクッ!と反応。

暑さに負けないマイケル・ジャクソンは疲れたおじさんにむけてどんどん歌いだす。

Annie Are You OK!
So, Annie Are You OK!

どんどんマイケル・パワーが注入されていくおじさん。するとどうだ、まるで猿から人類への進化の過程をみるように、フラフラと、そしてうつむき加減であったその姿勢が、どんどん重力に逆らって、まっすぐになるではないか。そして、マイケル・ジャクソンの歌声にあわせて、足取りも軽やかに、最後にはテンポもぴったり!

すげぇ!マイケル!

おじさん、歩くの早くなったよー!

ボクはレジの前で、音楽はなんて偉大なのだと感動した。

夕陽を背に歩み去るおじさんの後頭部は、すでに頭皮のみとなっていたが、汗と太陽の力でまばゆく輝いている。

ボクはレジの前でふと思った。

マイケル、見てごらん。

太陽で輝く球体。

それこそ月(ムーン)。

そう、あのおじさんはムーンウォーク中なのだ、と。

|

« 1ヶ月検診 | トップページ | はじめての散歩 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/45837342

この記事へのトラックバック一覧です: ムーンウォーク:

« 1ヶ月検診 | トップページ | はじめての散歩 »