« 朝の風景 | トップページ | 生後396ヶ月 »

薪割り

Makiwari7

どうせなら、かの地へ。

心身ともにリフレッシュすべく、最寄り駅で行き先を思案する。ヨシコと目を合わせ、やっぱり行きますかと、湖西線。比良駅の改札を前に、ヨシコリに切符を持たせてみる。するとヨシコリはその小さな手でしっかりと切符を持ち、そのまま駅員さんに渡すではないか。駅員さんのありがとうの言葉を背に、いつもの場所へ向かうと、玄関に「かんじる比良2009秋」のポスターが貼られていた。

Makiwari1

比良の空の下で、比良の空のポスターを。

縁あって今回のポスターも去年の秋に引き続き、ヨシコの写真が使われることとなった。必然的に、ポスターの中を歩く男は、わたしとなるわけだが、いつも同じ服を着ているので、何だが恥ずかしくなる。しかも大津市の目立つところに数箇所、貼られるらしく、このポスターを見て当日、足を運んでいただけたら、きっとこのポスターよりも清々しい気持ちになれることだろう。

Makiwari2

もし明日、死ぬならば最後に何を食べますか?

わたしは「ほっとすていしょん比良」のご飯を食べるわと言いながら、ヨシコは2ヶ月ぶりのコロッケ定食と、米粉ピザに舌鼓。ヨシコリのために、さっと布団を用意してくださった、ほっとママはじめ、スタッフの皆様に感謝。生野菜の食べられない八百屋さんの話で盛り上がる中、ガラガラ!とトビラが開いたと思えば、skogのカズオさんがわざわざ迎えに来てくださった。それを見たヨシコがヨシコリに、

比良のおじいちゃん来てくれたでー。

と言うと、カズオさんは、

やかましい!と笑う。

Makiwari3

ヨシコとヨシコリを乗せた車は走り去る。

ボクはひとり、比良を歩く。10月17日の「1日比良の日」というイベントで写真展を開催するのだが、これまたヨシコの写真に言葉をつけなくてはならぬ。刈られた田んぼを見ながら、今のボクの心境にそっくりだなぁと思う。今まで随分、比良を言葉にしてきたが、 まだまだ言葉にせよと駆られるのだ。

Makiwari8

さて樹下神社が綺麗に生まれ変われば、天満宮もそれに負けじと工事中。北比良と南比良のにらみ合いはそんなところにも現れているのだが、今やにらみ合いというよりも、切磋琢磨しているように思えてくる。その心意気を存分に味わえる4月のお祭りは、来年こそ、両比良同時開催であって欲しいものである。

Makiwari10

蜂の巣退治に行こう。

カズオさんに連れられて、さっそく退治にむかう。聞くと、薪割りをする場所で、よく蜂を見かけるそうな。問題の蜂の巣に、5m先から噴射された殺虫剤が命中するも、蜂は出てこず。きっと外出中なんだろうなぁ、だってまだ夕刻だもの。そして蜂は黒いものめがけて襲ってくるので、白の服でむかうのが基本と聞いたことがある。みれば、カズオさんは白髪、白シャツ、白ズボン。完璧ではないか。

ひと段落して、カズオさんはいつもの落ち着いた声で言う。

薪、1本割ろうか。

Makiwari4

気持ちよすぎる。

深い緑の空気の中で、薪割り斧を振りかざし、重力とともに振り下ろすと、スコーン!と真っ二つ。割れたのは薪か、それとも心のもやもやか。薪1本と言っていたのだが、気持ちよい汗とともに、それ次も!と丸太を抱え込む。しかし、次の1本が曲者だった。

Makiwari5

楔泥棒。

あまりにも堅く、いやむしろ柔軟であるために、斧では割ることができず、楔を打ち込んでいく。何本もの楔をくわえても、俺は割れねぇぞと言わんばかりの薪を相手に、2人で格闘する。陽が傾き、夜の虫の声に変わろうとするころまで、カンカンと金属音を響かせ、それでもダメならばと、チェーンソーをひっぱりだす。

Makiwari6

そろそろ帰ろうか。

気がつくとギャラリーskogから横の小道にオレンジ色の光がこぼれている。その中では、ヨシコとヨシコリ、エツコさんが2人の帰りを待っていた。心地よい疲労感とともに車上の人となり、目指すはキンキンに冷えたビール。琵琶湖には中秋の名月が、さらさらと音をたてて映る。夜はすっかり比良を飲み込んで、湖西線の電車の窓の連なりだけが、近江舞子へと向かっていった。

|

« 朝の風景 | トップページ | 生後396ヶ月 »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

薪割り、ご苦労様でした。
楽しいですよねー。汗もかいて清々しいし。
私も以前は斧で割ってましたー。
昨シーズンは工房のバンドソーで割ってました。
刃がボロボロになっちゃいましたけどねー。
今シーズンは更に新兵器が登場する予定ですー。
邪道街道まっしぐらー。

投稿: soup2号 | 2009年10月 5日 (月) 22時52分

soup2号さま

邪道街道、ひょっとして薪割り機でしょうか(笑)

それにしても薪割りって楽しいですね。
木それぞれに個性があって、一筋縄ではいきません。

何よりも中秋の名月が輝く琵琶湖が最高でした!
でも、大阪に帰ると、何だか曇った月。

比良は空気も違います。
いつまでもそんな空であって欲しいなぁ。

投稿: セカチノフ | 2009年10月 6日 (火) 00時59分

こんばんは~ 台風怖かったですよね><
比良はいつも風きついですがやはり昨晩はすごかったです。

ほっとすてーしょんに入れ違いで私も行ったのでした(笑)
妹を駅に迎えに行き、ほっとママが今までヨシコリちゃんいたのよと!

薪割りそろそろしないと思いつつ・・・私はしませんが。
カズオさん頑張ってはる~ うちもやらねば。

投稿: H&M | 2009年10月 8日 (木) 23時07分

H&Mさま

比良ほどではないと思いますが、大阪も風がすごかったです。階下のパン屋、イタリア料理店、八百屋のシャッターがバタンバタン!

でもヨシコリ安眠でした(何故だろう)笑

比良では惜しくもお会いできなかったわけですね。
今度こそ、ヨシコリとの散歩、よろしくお願いします!

そして薪割りは本当に楽しい経験でした!

投稿: セカチノフ | 2009年10月10日 (土) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/46396086

この記事へのトラックバック一覧です: 薪割り:

« 朝の風景 | トップページ | 生後396ヶ月 »