« おやつ工房むす | トップページ | 森の香り »

かんじる比良(2009秋)

Kanjiruhira2009_1

ここは雨が降ってないね。

蓬莱から比良駅下車。晴れていた空は、一転、雨模様となる。御旅所の木の下は格好の雨宿り。福田寺で開催されていた「作家の仕事展」の帰り道では、たくさんの猫たちもそれぞれの場所で雨をしのぐ。

Kanjiruhira2009_2

ほっとすていしょん比良の味。

魚のマリネおいしすぎと、ヨシコは言いながら里山弁当に夢中。ヨシコは食事に集中するタイプだからか、ヨシコリが寂しそう。ちょっとは私もかまってよね、と言わんばかりの顔をいつもするのは何故だろうか。

Kanjiruhira2009_3

雨でしっとりとした比良もまた美しい。

Kanjiruhira2009_4

やっと着いたー!

雨の中をヨシコリ抱いて傘をさし、車道を飛ばす車に怯えながら到着したのはH made market。ヨシコがひとつ買うものを決め、手に持っていると、店長?であるトーイくんが、1個じゃなくて、2個買ってもええでー!と商売上手。こはるちゃんは、ここからここまでぜーんぶママが作ったんだからー!と得意気に紹介してくれる。旦那さまからは、背骨が曲がったアロワナの思い出話を、温かなコーヒーとともに。

Kanjiruhira2009_5

ここでもヨシコリ、おもちゃで接待される。

トーイくん、こはるちゃんがササッ!と持ってきてくれたのだ。赤ちゃんを見ているとトーイくんは弟が欲しいのだろうか。

ボク、男が欲しい!

ママ、生まれてやー!

ちょっと不思議な日本語でおねだり。こはるちゃんは、おもちゃを片付けるのが早い!

Kanjiruhira2009_6

ん!!うますぎる!

ヨシコはギャラリーskogで干し柿に舌鼓。実はオーナー夫妻の御厚意で、1日比良の日で展示したまったりし隊の写真たちが、こちらでも展示させていただけることになったのだ。雨の中、わざわざ車で迎えに来てくださったTさんにも感謝。

Kanjiruhira2009_8

外はまだまだ雨が降る。

野外造形展の作品は比良川の土手で静かに佇んでいる。振り向くと霧が立ちこめ、比良の山々が見え隠れする幻想的な風景。それはまるで映画を見ているようだった。比良は雨の中でも、 十分に何かを感じさせてくれる。

Kanjiruhira2009_7

2007年から続く「かんじる比良」も、3年目。

ほっとすていしょん比良の食卓の上。ひと言メモ帖の中には、「今日半日、地元の方との触れあいの中で、とても好きになりました。また来ますね」というお客さまのコメントが書かれてあったことを思い出す。

ボクは美味しい干し柿を食べながら思うのだ。桃栗3年柿8年。このイベントもあと5年後に、さらなる結実をみるのだろうと。

|

« おやつ工房むす | トップページ | 森の香り »

かんじる比良」カテゴリの記事

コメント

この前は雨の中しかも「Hさ~ん」と呼びながら来て下さってたそうでありがとうございました。(家族一同ペコリ)
お迎えにいくのに~ 気をつかわないで言って下さいね!
しかも!子供達がそんな事言ってたなんて!(お恥ずかしい)
商売上手な子でしてね~ なんて(笑)
こはるは去年はもう人が来るの嫌でトイレに隠れる程。成長したんだなぁ~と思いましたね。
ヨシコリちゃんの寝返り話も聞けたし。

ありがとうございました。

投稿: HM | 2009年11月14日 (土) 15時14分

H&Mさま

お天気トラブルあったにも関わらず、
かんじる比良大盛況で何よりでしたね!
トーイくん&こはるちゃんの接客最高で
とっても楽しませてもらいました。
雨で車ビュンビュンの中、ヨシコリはびくびく震えてるし、Hさんのお宅が見えたときはほっとしましたよ~。
おむつ換えやら授乳やらゆっくりさせていただいて感謝です。
それにしても、Hさん宅見ごたえありました!
手作り作品の温かみとHさん家族の大らかさというか明るさでみなさん楽しまれたのではないでしょうか。
ほんとお疲れさまでした。
またゆっくりお会いしたいです☆

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2009年11月14日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/46693512

この記事へのトラックバック一覧です: かんじる比良(2009秋):

« おやつ工房むす | トップページ | 森の香り »