« 体操選手 | トップページ | 京都の朝 »

OKANさんと芦屋の空

Okan1_2

いらっしゃい。

相変わらず落ち着いたトーンのOKANさん。勤め先の横浜のショップが芦屋に期間限定で出店されるとあって、関西に戻ってこられたところを押しかけた。ヨシコリのスタイや、セクシー下着を買いながら、談笑するも、久しぶりな感じがしなくて何だか楽しい。

Mattari-yaの隣でお店をされていた頃から、随分、お世話になっているのだが、例えば我が家の給湯器は、OKAN製。横浜から送っていただいたその日から、今日も温かなお湯が出て、冬が訪れるたびに大活躍してくれている。そのボタンを押すたびに、OKANさんのことを思い出せる、素敵な給湯器なのだ。

Okan2

芦屋の空の下。

ヨシコリがヨシコに抱きつき、おっぱいをねだっている。OKANさんがMattari-yaの隣から横浜に移り、月日が経って、気がつけばヨシコがオカンになっていた。何だかあっと言う間の出来事で、びっくりしてしまう。ゆったりと過ごすヨシコとヨシコリの頭の上、雲がみるみる姿を変えて、足早に消えていくのと同じように。

|

« 体操選手 | トップページ | 京都の朝 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/47071801

この記事へのトラックバック一覧です: OKANさんと芦屋の空:

« 体操選手 | トップページ | 京都の朝 »