« おいしいお酒を飲む方法 | トップページ | お正月 »

一文字違い

Kuisinbo1

あら?美味しいわね。

こんにちわ。最近、人見知りのヨシコリです。お母さんが重湯を作ってくれるので、最後まで味わいたくて、どうしてもスプーンを離したくありません。ついつい、しゃくれてしまいます。

Kuisinbo2

どうもお腹がすくのよねぇ。

わたしはデパ地下が大好きです。どんなに寝ていても、鼻においしい匂いをキャッチすると、好奇心旺盛に、あたりをキョロキョロ、ヨダレだらだら。お父さんと、お母さんがお蕎麦を食べにきても、わたしの分もないかしら?と思ってしまう。はぁ、誰のDNAかしら。

Kuisinbo3

ん?これは美味しいの?

そんなわたしに、お母さんは蜜柑のガーゼを渡します。

Kuisinbo4

キー!騙されないわよ!

わたしはついつい、ガーゼを振り回してしまいます。そんな食いしん坊なわたしを毎日見てくれているお母さんは、ここ最近、背中が少し痛むみたい。わたしをいつも抱っこしてくれるからかしら、ゴメンなさいね。

Kuisinbo5

お母さんは家に帰ると、お父さんに、板こんにゃくを温めてくれない?温湿布にするわ。身体から毒素をとるのよ。 と言います。お父さんは慌てて冷蔵庫に行ったのですが、怪訝な顔をしています。

ヨシコよ、糸こんにゃくしかないよ。

あら、板こんにゃくじゃなくて?一文字、買い間違えたわ。

わたしはケケケと笑いました。

|

« おいしいお酒を飲む方法 | トップページ | お正月 »

ヨシコリとの情景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/47216049

この記事へのトラックバック一覧です: 一文字違い:

« おいしいお酒を飲む方法 | トップページ | お正月 »