« クリスマスの夜 | トップページ | おいしいお酒を飲む方法 »

あじき路地

Ajiki1

お腹が減っては戦はできぬ。

いつも日曜日閉店とあって期待していなかったのだが、あれ?遠くに暖簾が見えるではないか。ひょっとしてとの想いで、歩を進めると、本日は開店、辨慶(べんけい)五条店。ヨシコはヨシコリを抱きながら満面の笑みを持って入店。これまた運よく座敷が空いていたので、座らせていただいた。

Ajiki2

ピリリと唐辛子が効いた「きんぴら」がうまい。

寒い季節には温かなうどんがたまりません。すじ肉も柔らかく、いい味してます。うどんがつるると喉を通る。ふと見ると壁にタージン・スペシャルというメニューが貼られているのが関西らしい。以前、違ううどん屋ですすっていたら、隣にタージンが座ったことがある。いいコメントが出るのかと思えば、普通に黙々と食しておられたもんだ。

Ajiki3

さて本日の目的地、あじき路地。

大正時代に建てられた築約90年の長屋が連なります。かんじる比良を通じてお知り合いになった木工作家さんにお会いするため、足を運ぶ。見逃しそうな小さな路地に入ると、のんびりとした時間が流れています。井戸の跡や、格子窓。そんな中でも、しっかりと生活の匂いが漂っている。

Ajiki4

お地蔵様。

あじき路地に関わらず、京都を歩いていると、お地蔵様をたくさん見かける。中には、立派な祠に入っておられるものから、様々である。そのひとつひとつが個性的で、また生活の一部であり、日々、大切にされているのだなぁと感じるのだ。

Ajiki5

日曜日のパン屋さん。

今日はそれも目的のひとつ。平屋の中にはどっしりとしたパンが並ぶ。ヨシコは、早速、気になるパンをささっとお買上。お店には、Kくんという、ヨシコリと同じ6ヶ月の男の子。ヨシコリは、見初めたのか、じっと見詰め合っている。これこれ、ヨシコリよ、まだ早いぞよ。

Ajiki6

似合うかしら?

オーダーメイドの帽子のお店、evo-seeでヨシコリにお似合いの帽子を発見。お店の方のご好意で、かぶるヨシコリ。2階からも光を取り入れるような工夫がしてあり、長屋なのに明るい空間。そもそもこの路地自体が、よく考えられていて、南側が平屋であるがゆえに、北側の2階建ての長屋にもしっかりと陽が注ぎ込むようになっている。猫が陽だまりの中で気持ち良さそうに寝そべる風景が想像できてしまうのだ。

Ajiki7

空にのびる風呂屋の煙突。

今は使われていないそうだが、この路地に溶け込んでいる。最近まで住まわれていなかかったこの路地に、人が集まり、改装し、それぞれの作品や食品を発信している様子を見ていると、何でも人のつながりや、人の力で世界は変わっていくのだなぁと思う。昔のように風呂屋の煙突から煙が昇ることを求めるのではなく、新しいカタチで古きものが蘇り、日常となることは、ヨシコリが大人になるころに、もっとおもしろいことになるような予感がする。

Ajiki8

何だかわくわくしながら、長屋や路地を細やかに案内してくださった矢部さんに感謝して、小さくとも楽しい路地を後にした。

|

« クリスマスの夜 | トップページ | おいしいお酒を飲む方法 »

まったりし隊の旅日記」カテゴリの記事

コメント

かわいい年賀状ありがとうございます!

あけましておめでとうございます!
今年こそ比良散策しましょうね~ 家族ともどもよろしくね!

べんけいのおうどん美味しいですよねー
私の家族はここのお店が屋台の頃から父が知ってて食べに行ってました。今は立派なお店ですもんね!
カレーうどんときんぴらと迷うのです(笑)
あー食べたくなってきた。

是非コロッケ屋さんも行って欲しいわ~

あじき路地どうでした~ 早速行かれたのですね。

投稿: H&M | 2010年1月 3日 (日) 12時54分

H&Mさま

おめでとうございます♪
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

べんけいって元は屋台だったんですね~。
授乳中なので、カレーうどんは食べられなくて、甘きつねうどん食べましたが美味しかったです。
あじき路地もとても面白いところでした。
京都の路地をブラブラ散歩しましたが、ますます京都に興味が出てきました!
コロッケ屋さんも行きたいわ~。

暖かくなったら比良散歩楽しみにしてます☆

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2010年1月 4日 (月) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/47131237

この記事へのトラックバック一覧です: あじき路地:

« クリスマスの夜 | トップページ | おいしいお酒を飲む方法 »