« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

職人気質

Syokunin1

推理小説って難しいわぁ。

こんにちわ。お風呂でついついバタ足をしてしまうヨシコリです。お母さんは、前からイギリスのテレビシリーズ、デヴィッド・スーシェ演じる「名探偵ポワロ」の大ファンですが、最近はアガサ・クリスティーの原作をお楽しみ。でも、「カーテン」から読み始めるなんて。それ、ポワロ最後の事件なのに・・・。それにしても犯人が最後まで分からな~い。

Syokunin2

きぃぃぃ!もっと単純明快なことってないかしら。

我が家に本がありすぎるので、最近はすっかり図書館のお世話になっているお母さん。ふと、借りてきた9冊のタイトルと見てみると…。

・もっちり、しっとり米粉パン
・超かんたん!手作りパンと中華まん
・「自家製酵母」のパン教室
・『自家製酵母』のパンとお菓子の本
・旬の酵母でつくるパンBook
・子どもおやつ
・自然がくれた愛情ごはん
・天然酵母のおいしいパン
・帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ

Syokunin3

分かりやすーい!

お母さんは、きっとパン作りをしてみるつもりなのだ。聞くと、ものづくりをしたいのだけれど、ものって作ると残るでしょう。でも、食べ物はその場でペロリよー!と言う。

それにね、わたしってどこか「職人気質」なところがあるでしょ。何でもこだわってしまうのよー。はぁあ、ドライイーストは嫌だから、酵母から作りたいわー。お父さん、ビールから作ってもいい?えっ?ビールは飲むもの。あっそう。好きにしてちょうだい。

あぁあ、おいしそう。おいしそう、と言いながら本をめくるお母さん。お父さんは、わたしにそっと言います。

お母さんって「職人気質」じゃなくて、「食人気質」なんだよ。作るよりも、食べるほうにむいてるんだけどなぁ。でも家族に健康で、おいしいものを食べて欲しいことばかり考えているんだよ、と教えてくれました。

Syokunin4

お母さんのDNAが騒いじゃうー!

わたしもヨダレが止まらないようにりました。食は人を幸せにします。人が幸せになるにはごはんを作ればいい。そんな横で、はぁあ、来月まで里芋コロッケ残ってるかなぁ、お母さんは料理の本ばかり見て、空想します。

でもね、ヨシコリ。お母さん、本をいっぱい借りているけど、返して欲しいものもあるのよ。

それはなぁに?

わたしの満腹中枢よ!!

そう言ってお母さんは、階下のおいしいパン屋さんのパンをパクリと頬張ります。どうやらお母さんの食欲に幕(カーテン)が引かれることはないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指切り

Mono1

つまんないのー。

こんにちわ。最近、横向きに寝転んでは、はは、はははは、と薄ら笑いをしているヨシコリです。今日はお父さんの散髪にしぶしぶ付き合いました。

Mono2

お久しぶりですー。

お母さんのアトリエ「Mattari-ya」があった順慶ビル。友人のmonoさん、souvenir du mondoさん、ギャラリー・アビィさん、panieさん。皆さんお元気そうで、わたしも初めてお会いできて嬉しかったです。

Mono3

おいしそー!

お母さんも、久しぶりに友人たちと語らい、気持ちが大噴火したのでしょう。食欲増進!嗅覚冴え渡り、おいしそうな気配を感じては、お父さんの財布を握りしめ、タタタタター!と走っていくのです。

Mono4

うんまぁぁあい!

ヨシコリ。分かるかい。世の中、大好きな友人と語らい、おいしいものを食べる。それだけで生きていけるのよ。

お母さんは豆乳のミックスジュースを飲みながらそう教えてくれます。そうだなぁ、と感心しているわたしの指を見たお母さん。

あら?爪が伸びてきているわね。いつの間に成長したのでしょう。

帰ったら、指、切りましょうね。

えっ!?指?爪じゃなくて、指?

Mono5

父ちゃん、何これー。

いつ、お母さんに指を切られるのだろうかと心配しながら尋ねると、ジョン・バトラー・トリオのLive At Lollapaloozaだよ、と教えてくれました。聞くと大阪のクラブ・クアトロで体感した彼らのライブを思い出すそうです。大阪で働く、元バンドメンバーにも会えたお父さんは、ドラムを叩く真似をしては、音楽に夢中です。そんなお父さんを見ながらゴロゴロと転がっていると、お母さんが言います。

そろそろお風呂に入ろうか。ヨシコリちゃん、ちょっと待ってね。今からお母さん、目、取るから。

Mono6

あわわわわわ。

指を切られるだけでも気絶しそうなわたしを尻目に、お母さんは目に指を入れています。

ひー!!!

恐る恐る、お父さんに聞くと、コンタクトレンズなるものを外しているとか。外し終わったお母さんは、いつものようににっこり笑ってお風呂に連れてくれます。お母さん、指切らないって約束してくれる?

もちろん、爪を切るんだよ。

それじゃあ、約束げんまん。

指切った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初詣

Hatumoude1

皆様、どんな初夢を見ましたか?

こんにちわ。最近、玄米クリームが好物のヨシコリです。わたしは、寝ながらおっぱいを吸う仕草をしてしまうのですが、皆さんもきっとそうですよね。

Hatumoude2

父ちゃん、この坂大丈夫?

今日は、遅めの初詣。お父さんとお母さんが毎年詣でる京都は山崎の聖天さんへ。辿り着くまでに、急な階段をどんどん上がり、眼下に山崎の町並みが広がります。こちらでは歓喜天が祭られているのですが、その姿はヒンドゥー教におけるガネーシャ。象頭人身なわけです。

うーん。聞けば、わたしが生まれる前からいつも参っているらしく、わたしが「ぞうさんの歌」を聞くと、一緒に歌ってしまうのはそのせいかしら。

Hatumoude3

ここの御神籤が好きみたい。

お父さんの話では、ここの御神籤が一番合っているとのこと。3年連続、お父さんとお母さんの運勢、大吉やら何やらが出てきた番号が違うのに符合し、また書かれた内容の通りに1年が終わるそうです。

Hatumoude6

ちなみに去年は大吉。内容的には驚き、びっくり。わたしが生まれたのです。今年も番号違いで、夫婦共々末吉。お父さんは、今年一年、臥龍。彼が脾肉の嘆にならぬよう、わたしはいつも笑っていようと思います。

Hatumoude4

うぇーん。

手をあわせている聖天さんの前で、急に泣いてしまいました。だっこ紐で一度も泣いたことがないわたしですが、お母さんは、象の神様の顔を見てびっくりしたのだろうと言います。お父さんと、お母さんは神様の顔を見たことはないそうですが、まだ赤子だからこそ、何かを見たのかも知れません。そんなわたしを、お母さんは優しく抱きしめてくれました。

Hatumoude5

さぁ、今年もスタートです。

遥か先のゴール目指して、まったりと歩を進めたいと思います。

Hatumoude7

そのためにも、おまるで開運。

うーん!!!

あら、ごめんあそばせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月

Sinnen1

こんにちわ。ヨシコリです。

皆様、新年、あけまして・・・。

Sinnen2

おめでとうございま・・・。

Sinnen3

ぶっ!!

Sinnen4

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »