« 指切り | トップページ | 青春を雪に賭けて »

職人気質

Syokunin1

推理小説って難しいわぁ。

こんにちわ。お風呂でついついバタ足をしてしまうヨシコリです。お母さんは、前からイギリスのテレビシリーズ、デヴィッド・スーシェ演じる「名探偵ポワロ」の大ファンですが、最近はアガサ・クリスティーの原作をお楽しみ。でも、「カーテン」から読み始めるなんて。それ、ポワロ最後の事件なのに・・・。それにしても犯人が最後まで分からな~い。

Syokunin2

きぃぃぃ!もっと単純明快なことってないかしら。

我が家に本がありすぎるので、最近はすっかり図書館のお世話になっているお母さん。ふと、借りてきた9冊のタイトルと見てみると…。

・もっちり、しっとり米粉パン
・超かんたん!手作りパンと中華まん
・「自家製酵母」のパン教室
・『自家製酵母』のパンとお菓子の本
・旬の酵母でつくるパンBook
・子どもおやつ
・自然がくれた愛情ごはん
・天然酵母のおいしいパン
・帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ

Syokunin3

分かりやすーい!

お母さんは、きっとパン作りをしてみるつもりなのだ。聞くと、ものづくりをしたいのだけれど、ものって作ると残るでしょう。でも、食べ物はその場でペロリよー!と言う。

それにね、わたしってどこか「職人気質」なところがあるでしょ。何でもこだわってしまうのよー。はぁあ、ドライイーストは嫌だから、酵母から作りたいわー。お父さん、ビールから作ってもいい?えっ?ビールは飲むもの。あっそう。好きにしてちょうだい。

あぁあ、おいしそう。おいしそう、と言いながら本をめくるお母さん。お父さんは、わたしにそっと言います。

お母さんって「職人気質」じゃなくて、「食人気質」なんだよ。作るよりも、食べるほうにむいてるんだけどなぁ。でも家族に健康で、おいしいものを食べて欲しいことばかり考えているんだよ、と教えてくれました。

Syokunin4

お母さんのDNAが騒いじゃうー!

わたしもヨダレが止まらないようにりました。食は人を幸せにします。人が幸せになるにはごはんを作ればいい。そんな横で、はぁあ、来月まで里芋コロッケ残ってるかなぁ、お母さんは料理の本ばかり見て、空想します。

でもね、ヨシコリ。お母さん、本をいっぱい借りているけど、返して欲しいものもあるのよ。

それはなぁに?

わたしの満腹中枢よ!!

そう言ってお母さんは、階下のおいしいパン屋さんのパンをパクリと頬張ります。どうやらお母さんの食欲に幕(カーテン)が引かれることはないようです。

|

« 指切り | トップページ | 青春を雪に賭けて »

ヨシコリとの情景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/47442331

この記事へのトラックバック一覧です: 職人気質:

« 指切り | トップページ | 青春を雪に賭けて »