« 青春を雪に賭けて | トップページ | パン職人 »

肉の日

Nikunohi1

できたー!

帰宅すると、ヨシコは2月9日、記念すべき「肉の日」にあれこれ考えた末、豚肉をソテーしたもので食卓を飾る。かぶと玉ねぎの自家製ポタージュでさっぱりと咽喉を潤したなら、鼻をブーブー言わせながら、肉汁あふれる豚肉にかぶりつく。くぅぅ、たまりません。

Nikunohi2

ヨシコ特製ピザ。

小麦粉と塩だけのシンプルな生地に、食欲をそそるニンニクと、オイルサーディンの香り。魚焼きグリルで焼かれたピザに、ヨシコとギャー!ギャー!これはうまい、うまいと絶賛するも、この日からヨシコが「小麦粉大魔王」への道を歩みつつあることを、まだ知る由もなかった。

Nikunohi3

今日だけは許してね。

普段、母乳を気にして食さないデザート解禁。3つ並んだクリームは、ボク、ヨシコ、ヨシコリと我が家のようだ。あれよあれよとペロリと食べたヨシコの手を見ると、日々の家事ですっかりお母さんの手になっている。冬でも冷たい水で布おむつを洗い、干し、そして炊事する。毎日、文句ひとついわず、せっせと家事をこなす。いつもありがとう。

Nikunohi4

今日は、肉の日。焼肉屋で出会った2人の結婚記念日。これからも、よろしくお願いしますと、ボクは台所に立って、お皿を洗い始める。その背後でヨシコは先に寝たヨリコリの様子を見に行く。それを見たボクは、あの日から確かに月日が経ったのだと、あらためて思うのだ。

|

« 青春を雪に賭けて | トップページ | パン職人 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/47566587

この記事へのトラックバック一覧です: 肉の日:

« 青春を雪に賭けて | トップページ | パン職人 »