« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

大人の世界

Isu5

半か丁かー!

こんにちわ。最近、鬼平犯科帳の再放送を見すぎているヨシコリです。大人の世界って大変。この世に悪は絶えないんですって。

Isu1

でも、大丈夫。

絶えないのは「悪」ばかりでなく、「欲」も絶えないものよ。お腹が減っては、生きていくに耐えられません。そんな時、お母さんはお粥をしっかりくれます。たまに熱くてびっくりしちゃうけど、とっても美味しいです。

Isu2

お気に入りの椅子。

これに座ると食事が始まる合図。嬉しくて仕方がないのですが、人ってあれよね。お腹が膨らむと、そのまま寝そうになるよね。

Isu3

この通り、足も大きくなってきたよ。

Isu4

寝る子は育つ。

その言葉を信じてる。歯が生えてくれば、もっと色々なものが食べれるから。

Isu6

でも大人の世界って大変。

お父さんとお母さんは、朝からお好み焼き、お昼、たこ焼き。さらには朝のお母さんのお手製お好み焼きが絶品だったらしく、晩御飯に再度、お好み焼き。はぁあ、歯が生えてきて色々食べたいのに、大阪じゃあ、粉もんばっかりなのかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

坐禅の境地

Tagu3

これが気になるのよねー。

こんにちわ。最近、職場の昼休みにかかって来る父の電話を母から手渡されると、真っ先に通話終了ボタンをポチッ!と押してしまうヨシコリです。

Tagu1_2

父の電話より気になるのが、ネームタグ。

Tシャツ、布団、ぬいぐるみ。端っこについているその布地が気になってしかたがないのです。それを触っているときの私は、「坐禅」の境地、無の境地に至るのだ。坐蒲(ざぶ)にて両足と尻との3点でつり合いよく座ること約5分。

Tagu2

ブブブブブブー。

坐禅じゃなくて、便座だったわ。ごめんあそばせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にいいの?

Yudoufu01

本当にいいのー?

ヨシコがよく言うセリフである。美味しいものを目の前にして言うのだが、ダメと言っても食べるのだから、何故いつもよく聞くのだろうかと思う。それはこれから食すものに対する期待が大きな証拠。もしくは、ボクに言っているのではなく、これからヨシコの胃袋に収められる食材に対して、本当に食べてしまってもいいの?と聞いているのかも知れない。

Yudoufu02

お返しは何にしようか。

バレンタインデーに蒸しパンをいただいたわけだが、我が家には女性が2人。ホワイトデーに共通して食せるもの。それは豆腐であろうと考える。

たまたま職場の方が思い当たる店を知っていて、ヨシコリのことを考え個室を予約してくれる。以前の職場らしく、すばやく押さえてくれ、感謝。京都は気持ちよく晴れ、次から次へと出てくるコース料理を堪能する。

Yudoufu03

本当にいいのー?

ヨシコリは何故か四つんばいになりながら、大きな口を開ける。ハイハイをしたいのだが、どうも後ろに下がってしまうらしく、部屋の隅のほうでニコニコしている。湯豆腐をもりもり食べて…。

Yudoufu04

この笑顔。

Yudoufu05

食後は散歩。

近くの高台寺や、ねねの道を散策するも、東山花灯路の準備のためか、ライトアップに使用する配線、電球がいたるところに蔓延り、白けてしまう。高台寺の竹林の中で、木漏れ日がキラキラと降り注ぐ中を歩いたとき以外、ヨシコリも同様、何の感傷も抱かなかったようである。

Yudoufu06

轆轤の上。

スーッと見事に器が現れると、観客たちからため息が漏れる。陶器作りの体験場のようだが、それを作る人が日本人ではないこと知って、より拍手が沸いたのである。

日本人は職人が多く、「ものづくり」において一流の国民性を持つという認識が崩れつつある昨今。今の職場も「ものづくり」の現場なのだが、縫製が出来る人を募集しても、若い人はひとりも来ない現状。別件で中国を視察をしてきた人の報告では、どんどん「ものづくり」の技術が進歩していると言う。安価だから中国で。いやいや、実は日本では良いものが作られていないから中国で、ということもあるのである。

Yudoufu07

このままで本当にいいのー?

考えれば考えるほど「手でものをつくる」ということに関わりたくなる。観光を楽しむ人の熱気を避けるように、我々は早々家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »