« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

はじめての動物園

Ouji1

くじらさんに会いに来ました。

朝からヨシコが動物園にヨシコリを連れに行きたいというので、彼女の思い出深い「王子動物園」に向かう。阪急を使うと1時間もかからず着くので、とても近い。

Ouji2

あいかわらずチキン(臆病者)なヨシコリ。

馬の背に乗っても、カチコチ。ヨシコリよ、動物と今日こそ触れ合うのだ。

Ouji3

本日、一番のお気に入り。

ヨシコリはどうやらリスに興味津々。例え、シマウマであろうが、カワウソであろうが、ゾウであろうが、私であろうが、指差しては「わんわん」というヨシコリにとって、リスは格別かわいく見えたらしい。しかし、最近の暑さには閉口するものだが、それは動物たちも同じらしい。檻の一番涼しげなとことで、ぐったりとしているのである。あるいは、檻にすらでていなくて、閑散とした園内はどこか寂しげでもあった。

Ouji4

ここから、ここまでくれー!

一方、我が女性陣は元気百倍。ハワイ料理を前に、メニューを片っ端から指差すのである。夏バテなし、食欲旺盛。素晴らしきことかな。

Ouji5

ケケケケケケー!

大きな家と勘違いしたようなヨシコリの嬌声が響く。いいぞ、ヨシコリ。心の檻から抜け出し、どこまでもハイハイするがいい。好奇な目をする人々の間を、膝小僧が擦り切れんばかりに高速でハイハイする我が子。手を差し伸べ、抱きかかえると、ヨシコリは満面の笑顔を浮かべた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »