« 長尾山と日曜大工 | トップページ | 晩秋 »

小さな母

Desk1

今ね、お船作ってるのー!

パイン材に蜜蝋ワックスを塗る手伝いをしながら、ヨシコリは言う。一枚の木材から、そんな大きなものを期待しているのだ。でも、やっぱり2歳児。すぐに飽きてしまう。

Desk2

たんぽぽ、どこかなー!

日曜大工を続けるヨシコの代わりに、ヨシコリを散歩に連れて行く。家の周りを散歩するだけで、十分楽しいひと時となる。田んぼに稲が1本だけ稲穂を実らせたまま刈り残されているのを発見。何だかお供えのようで、来年もよろしくお願いします、との声が聞えてきそう。

余談ではあるが、我が家で食す米は、いつも「針江のんきぃふぁーむ」さんから、ここ数年間いただいている。ついつい、食べ過ぎて、足りなくなって他のお米にも手を出すのだが、やっぱり「針江のんきぃふぁーむ」さんに帰ってしまう。新米が届いた時は、ガス火で炊き、食すとその命のパワーが半端ない!完全にノックアウトである。

Desk3

はい、こっち向いてくださーい!

散歩から戻ると、今度はカメラ片手にヨシコをモデル撮影する始末。小さな手で、大きなカメラを操作し、最終的には200枚ぐらい撮影していた。顔は真剣そのもの。どんなものを撮影したか見てみると・・・。

Desk4

意外と、いい写真を撮っている。

これから、どのような手順で、キッチンカウンターを組み立てるか相談中の我らをパシャリ。二人で写ることはほとんどないので、いい記念となる。

Desk5

今ね、お家つくってるの!

ヨシコリの嬉しそうな声を聞きながら、一気に仕上げていく。出来上がった棚は、予定していた場所に据え置き、設計図を書いたヨシコも満足そう。普段使いの食器や、精米機、文化鍋や、酒盃を並べていく。ヨシコリにも丁度いい高さらしく、さっそく夕食時、箸を取り出し、テーブルに並べてくれる。

Desk6

子どもは親のやっていることをよく見ているんだなぁ。

ヨシコリは、湯豆腐を取り分けてくれる。

母ちゃん、野菜も食べる?お代わりね。白菜も入れましょうねー!ん?まだ残ってる!!全部食べてから!!

口癖も、ヨシコにそっくりである。そうかと思えば、空の器を大事そうに持ってきては、

父ちゃーん!「おみそびる」だよー!

小さな母は、味噌汁とまだ言えぬ、子どもらしさを併せ持つのである。

|

« 長尾山と日曜大工 | トップページ | 晩秋 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/53318022

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな母:

« 長尾山と日曜大工 | トップページ | 晩秋 »