« 10周年 | トップページ | 冬菜の種まき »

霧の都

Kawa1

皆様、お元気ですかー!

どうもー!京都府の亀岡市、馬堀に引っ越したわけですが、マジで馬がいてびっくり、ヨシコリです。

先日、並河の図書館に連れられたのですが、絵本コーナーで、見知らぬ女子、5歳ぐらいから、どこから来たの?と聞かれたので、尼崎出身者が、尼ですわ、と言うような口ぶりで、

馬堀や。

と、ドスの効いた声で言っておきました。

Kawa2

うぉおお!ケーキあるで、父ちゃーん!

最近、疲れ気味の父の自転車を止めさせ、田んぼを横断、ケーキならぬ物体に興味津々。近くを通る亀岡行きの電車に手を振っておきました。

Kawa3

今日は誰もいないけれど。

ここが、毎日通っている保育所です。いつも母ちゃんと一緒なのですが、あまり母ちゃんと戯れず、仲間と日々、悪さをしています。

Kawa4

休日は、川遊び。

自宅から自転車で15分ほどで別天地。暑くなれば、頭に川の水をかけてしまうので、父ちゃん曰く、頭のてっぺんが川臭い!とのことです。

Kawa5

カニもいるし、魚もめちゃくちゃいるのです。

Kawa6

疲れたら、帰りましょう。

入れ違いで、友達が川遊び。うーん、時間を誤ったか!

Kawa7

タンポポ、フー!

Kawa8

やはり仲間が一番。

仲間が繰り広げる遊びは真似してしまう。いくら大人が大丈夫だと言っても信用ならぬ。同い年の仲間が、頭からすべり台をすべれば、わたしだって大丈夫と、頭からすべり降りる。1週間前の臆病な私、サヨウナラ。

Kawa9

自宅に戻れば、大好きな音楽鑑賞。

すごく集中して聞いてしまうので、翌日には歌えちゃう。最近は、スターダスト・レビューの木蓮の涙が十八番。

Kawa10

でも、やっぱり疲れちゃうのよねー。

カナダの至宝、RUSHのDVD、LIVE IN CLEVELANDを観ながら爆睡。パソコン用に、いいスピーカーを買い換えた父の陰謀により、心地よい空間が演出され、その魔力に騙されます。その間に、両親は、広大な農地を夜の散策。保津川の上空に真っ白な霧が降り立っていれば、明日は濃霧。霧の都は、朝10時ごろまで眠りにつく、しっとりとした街なのです。

|

« 10周年 | トップページ | 冬菜の種まき »

ヨシコリとの情景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/53247256

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の都:

« 10周年 | トップページ | 冬菜の種まき »