« 田歌舎 | トップページ | ひな祭り »

京都きっずフェスティバル in 同志社

Kodomofes1

何してるのー。

ヨシコリの問いに対し、ヨシコは様々な相槌をうちながら、写真展の準備をする。

亀岡に引越して約4ヶ月。あれよあれよと、どっぷり地域活動に参加しているヨシコ。本日は、同志社の今出川キャンパスに京都の子育て団体が大集合。亀岡の森のようちえんのブースにて写真を通じ、広報担当。父ちゃん、よろしく!とばかり、チラシ作りや、気付けば当日のスタッフとしてボクも借り出されることとなった。

Kodomofes2

いよいよ、イベント開催。

最終的に1500名ほどの来場があったと聞いた。それほど子育てについて、もっと自由に考えたい親子がいるのであろう。京都という土地柄か、海外の人と結婚した親子連れも多く、ハーフらしき子どもも走り回っている。教育というものは、国内外を通じ、親の興味事項であるらく、誰もが熱心に各団体の説明を聞いている。

Kodomofes3

森のようちえん「そとっこ」

他のブースがゆるぎない信念、熱意にあふれている中、我々の雰囲気は・・・。

いつでも、電話一本で来たらええよー。

イベント?毎日がイベントだよー。

かなり、ゆるい。

もちろん、いい意味であり、心にゆとりがあると言うか、行き当たりばったりというか、つまりは、「なるようになるんじゃない、ワハハハハハー!」なのである。しかしながら、「なるようになるんじゃない」のために、日夜、こっそり努力している親たちの集まりでもある。

Kodomofes4

着ぐるみ大好き、ヨシコリ。

さて、チラシ作成者として、来場者の動きを見ていると、様々なことが分かって来る。やはり、子連れ。ただでさえ荷物が多いのに、チラシを取るのも大変である。A4サイズよりも、A4三つ折のコンパクトサイズを好む。携帯性が重要で、ほとんど読まない。興味のある題目だけ、さっと持つ。今は子どもで手いっぱい。おそらく家でゆっくり読むのであろう。

Kodomofes11

各ブースを見回っていても、パソコンをメインに置いているブースは、人だかりが少ない。今はそんな多くの情報は要らないのである。来場者は気になることのみに対し、生の声を聞きたくて言葉を交わす。細かなことについては、連絡先、地図、より詳しく調べられるホームページの存在を伝えることが出来れば、帰宅後、子連れの来場者の興味をより深化させられるだろう。 チラシはその橋渡しが出来ればよい。

Kodomofes8

一方、子どもがまだいない若夫婦は、フェイスブックやmixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の存在の有無を聞く人もいる。将来に対し、子育てなどの情報を、WEB上でも意見交換できる場があるか、気になるようだ。

Kodomofes9

さて、森のようちえんに対する反応はどうか。

色々と話をしていると、興味はあるが、森のようちえんに通わせるか、二の足を踏んでいる人が多い。最も多い質問は、体験が出来るのか?ということである。少しでも気になれば、ぜひ体験して欲しいと思うが、通わせるとなると、今住んでいる場所との地理的条件に今後を左右される。

Kodomofes12_2 

私たちは体験した翌月に移住したのだが、それが難しい状況もあり、むしろ後者のほうが大多数であろう。しかし、森のようちえんの存在、その意義を知ってもらい、それが少しずつ広まる手伝いができるのであれば、今日の出逢いにも意味がある。

Kodomofes10_2

また今回のイベントでは、40を越える京都の子育て団体が集まっているが、その団体同士も横のつながりを広げていく。

我々も、アフリカンダンスいいよねー。踊りたいよねー。来てもらいたいねー。あそこの童謡いいよねー。歌ってもらいたいねー。来てもらいたいねー。と、連絡先を交換し、交渉することになる。

森のようちえんは、固定したカリキュラムがなく、自由だからこそ、様々な活動団体の良いところを取り入れられることも強みであろう。

Kodomofes5

気付けば仲間が大集合。

朝は、わが家族だけだったブースに、いつものメンバーが何だかんだと集まる。片付けも、子どもたちが率先して助けてくれる。親子共々、チームワークが抜群。

Kodomofes6_2 

ひと段落すると。

ヨシコが今回のイベントについてのアンケートで首をかしげている。

あのさー、「この団体の目的は何か」って聞かれているんだけど、「自然と触れ合って学ぶ」でいいかなぁ。

すると仲間が、それでいいんじゃない?と笑う。

あのさー、今度は、「それを達成するには、どのような方法を考えているか」って聞かれているんだけど、「自然と触れ合って学ぶ」でいいかなぁ。

すると仲間が、それでいいんじゃない?と笑う。

Kodomofes7

自然が学び舎。

そんな森のようちえん「そとっこ」をどうぞよろしく。

|

« 田歌舎 | トップページ | ひな祭り »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

さすが!!
素敵なチラシですね~。
元気でたくましい親子や~!!

比良保育園も田舎の保育園なので、
田んぼや近くの山まで探検に行ったり、
畑で小動物用の野菜を育てて餌にしたり、
いっぱい自然体験されてますが、
一番贅沢で豊かな保育だと思います。
ほんと、どんどん外に出ていける環境が素敵やね♪

そんな環境で日々暮らせる御縁に感謝ですね。
きっと小さな頃にのびのびと遊んでいろんな体験をした子供たちは、
大きくなっても大好きな故郷として大切にしてくれると思いますね。
何よりたくましい精神力と、知恵の引き出しを一杯持ってくれると思います。
森のようちえん「そとっこ」最高です♪♪

投稿: | 2012年2月20日 (月) 10時51分

ほっとママさま?

お名前なかったけど、きっとほっとママですね(笑)
比良保育園も素敵な活動をされてるんですね~♪
自然から様々なことを感じて学び、
周囲のいろんな方々からいっぱい愛情と知恵をいただいて、
本当に贅沢な環境です。
親も共にたくましく育っていきたいと思っています。
一日外で暮らしていると、楽しいです♪

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2012年2月21日 (火) 08時40分

ピンポ~ン♪♪
ほっとママでした。
新しいPCになって、メールが文字化けしてたり?
毎日???がいっぱいです(笑)
これから暖かくなってくると
新しい発見があることでしょう!!
3月に入ったらツクシ、要チェックですよ~、
日当たりのよい土手は予想より早く春が来るからね~、
ヨモギも天ぷらしたり、お団子作ったり、
「ほっとすてぃしょん」でもこれから天ぷらの季節です(^_^)

投稿: ほっとママ | 2012年2月25日 (土) 01時13分

わーすごい
色々活動してはるー!

畑…うちもやりたい!が
去年サルにやられてしょんぼり
今年も鹿さんのご飯になりました
ウサギさんはハーブを食べに来るし
うちはガードが甘すぎるのか?(笑)

室内ではお味噌とみりん熟成中
まったり家の漬物コレクションを拝見してみたいわ
きっと仰天するくらい多いんやろなー

投稿: ブン | 2012年2月29日 (水) 10時53分

ほっとママさま

「ほっとすていしょん」の天ぷら食べたいです♪
ほっとママみたいに天ぷら名人を目指します。
ヨモギの天ぷらが冷めてもサクサク!最高です。
もう春ですね~。

ブンさま

比良はご馳走大好きな動物さんがいっぱいいてはるから大変ですね!
サルは網もかいくぐるし。。。どこか他のところで借りるとか?

コレクションというほどないですよ~。
最近バタバタとお味噌もまだ1回しか仕込めてないし(涙)
授乳中の今は梅酒もどんどんたまっていく一方。
お醤油作りとかしたいわぁ。食料貯蔵庫がほしい!!!
ヨシコリが年に一度の春の風邪でお休みしてるので、
今日はレーズンあんこを仕込みました。白玉だんごも、うふふ。

投稿: ヨシコ・マッタリーナ | 2012年3月 1日 (木) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/54026340

この記事へのトラックバック一覧です: 京都きっずフェスティバル in 同志社:

« 田歌舎 | トップページ | ひな祭り »