« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

雨天決行

Fukinoto1

悪い天気なんてひとつもない、悪いのは服装だ。

スウェーデンのことわざを胸にレインウェアを着込む。
春探しは雨天決行。

準備が整えば、自宅から10分ほど自転車をこいだ先にある、川を目指す。

Fukinoto2

小さな沢への小道。

マコとヨシコは、このあたりを真っ白な雪の中、散歩したらしい。

そうそう、その時、マコの手袋をどこかに落としてしまったんだよねぇ・・・。

ん?

Fukinoto3

あったー!!!

感動の再会である。

さて、土手のツクシを採っていると、マコが「全部採ったらあかんでぇ」と言う。

明日のためにおいておいてと、もっともな発言。
そうだね、来年のためにも少しだけいただきましょう。

しばらくして見上げる山が白い雨雲で見え隠れしてくると、マコは「山が欠けた!」と言う。

よく聞くと、山が欠けてしまってそこから人が落ちてしまうから、山には登ったらあかんそうな。
そうだね、雨の日は、頂上を目指すのはやめましょう。

Fukinoto4

春の皿には苦味を盛れ。

沢の近くで少しだけ見つけた蕗の薹(ふきのとう)は、ふきのとう味噌や天ぷらに。採れたて、揚げたてに塩を少しかけた天ぷらは絶品だった。ツクシは袴を取って、甘辛く。日本酒がすすむ味である。

Fukinoto5

採って食す喜び。

いつもはお金を払って買う食材も、足を使い、雨の中の草木の中で目を使い、見つけたときに感動し、その匂いにお腹を減らし、急いで帰って調理すると、その日の食卓の会話が全く違う。

これは面白いぞ!と、モグモグ食べながら、これから進める畑仕事にも気合が入るなぁと、心新たにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の足音

Potato1

気持ちいいー!

風はどこか冷たいが、春の足音が聞えてくる。雲雀が今日も空高く飛んでいて、心地よい。

Potato2

なんじゃこりゃー!

昨日は、畑を借りている森さんからのお誘いで、「変人会」という集まりに行って来たのですが、夜中に日本酒「新政」を前に異種格闘技とでも申しましょうか。この亀岡をおもしろくしたい若手20名ほどが集合。仕事帰りに何とか、合流です。

陶芸家の中井絵夢さんや、亀岡発パフォーマンス集団「一亀一遊」のこうしろうくん、占い師に、トラック野郎、怪談ライブ団体怪談社の翼くん、農家さん、販売店の店長、まもなくCAFEトルトゥーガをオープンする、タイの乗り物(トゥクトゥク)所有者、市民新聞記者などなど。

はぁ。我々は、こういう人達と出会ってしまう運命なんでしょうね。

Potato3

いやぁ、かなり刺激的な夜を過ごさせていただきました。

個人的には、怪談師の紙舞こと翼くんの、肩幅の狭さが最高に好きでした。どうも産道で失敗したそうで、素敵な声とともに、夜遅くまで怪談話を含め、大騒ぎ。帰りは、夜道を酔っ払った森さんと歩いて帰ります。

Potato4

どりゃぁああー!

さて翌日、畑でカラダを動かすと、お酒がカラダから抜けていきます。

Potato5

今日は、まったり食堂にて、ジャガイモの植え付け。

アンデスと、キタアカリを用意。土を触っていると、ミミズやクモが逃げて行きます。

Potato6

春はすぐそこまで。

人も草花も、活動し始めています。

翌日、吹雪、一面、雪景色になってしまったけれど(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都丹波地域交流フェスティバル

Fes1

父ちゃーん。クッキー食べたいー。

焼きたてのクッキーを前に、マコは言う。
朝食のオニギリをまだ食べ終わっていなかったので、

オニギリを食べたら、クッキーを食べてもいいよと言うと、

わかった!

オニギリを先に食べるから、クッキーを先にくださいな!

完全に「いたちごっこ」である。

Fes2

さてさて、本日は、南丹市は八木に足を運ぶ。

京都丹波地域交流フェスティバルの当日スタッフとして、またまた写真展。

Fes3

マコは、南丹市のゆるキャラ、「さくらちゃん」に夢中。

Fes4

一方、京都府の「まゆまろ」は、完全にサンドバッグ化。子どもに殴られまくり。

Fes5

ハイ、チーズ!

市の広報の人が写真撮影していると、なぜか、マコもゆるキャラと同列に。

Fes6_2

とにかく、冷蔵庫のように寒かった会場。

子どもは元気に走り回っていても、大人は凍える始末。

途中から、冷たい雨も降り出し、どんどん冷えていく中、何とか終了。

Fes7

帰りは1本の傘の中に3人。

桂川を渡りながら、やれ冷たいや、濡れるだの大騒ぎ。

マコはお腹が減りすぎて、幻を見たのか、抱きかかえるボクの顔を嘗め回す始末。

小さな折りたたみ傘の下、どこにも逃げ場所はない。

ヨシコは、 「父ちゃん、家族が寄り添って生きていくってこのことだね!」と、笑う。

灰色の空の下で、いつまでも小さな黄色い傘がゆれる。

こらこら、マコちゃん、傘をそんなことしたら前が見えん!

あー!風船落としたー!

ギャー!ギャー!

ギャー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひな祭り

Hinamatsuri1

サタデー・ナイト・フィーバー!!

そう、今日は素敵な土曜日。
ヨシコリという通称にサヨウナラ!

どうも~!

ヨシコリ、あらため、マコです。

Hinamatsuri2

今日は、桃の節句。

そう、ひな祭りです!

普段、大声で「かごめかごめ」を熱唱しているのですが、

今日は、ひな祭りの歌を声高らかに歌いました。

ちなみに、最近の私は、ゴーイング・マイ・ウェイです。

Hinamatsuri3

寝たいときに寝る。

Hinamatsuri4

歩きたいときに歩く。

Hinamatsuri5

毎年恒例例、自家製味噌の仕込みで、踏みたいときに踏む。

まぁ、そんな感じです。

Hinamatsuri6

先日は、京都・祇園で天ぷらのコース料理をいただき、春の味覚、

筍、菜の花をいただきました。

たまらーん!

Hinamatsuri7

今日は、春にむけて「まったり食堂」のプラン作成です。

Hinamatsuri8

元々、田んぼだったのか、水はけがあまり良くないので、

父ちゃんが、鍬をふるって畝の横に水が抜けるよう高低差をつけていきます。

Hinamatsuri9_2

私はその横で、1時間、ずっと籾殻を投げ続けてました。

Hinamatsuri10

雲雀の声の下で遊ぶのって、楽しいー!

オオイヌノフグリも咲き始め、春を感じるマコでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »