« 亀岡光秀まつり | トップページ | おうち市vol.3 »

草摘みもちつき会

Akakuma1

亀岡にある赤熊自然農園にやってきました。

畑を借りている森さんの誘いで、知人とともに大集合。朝、雨が降っていたので、この会が開催されるのか森さんに電話したところ、今から、わし、雨避けのブルーシートを張りにいくんやー!と相変わらずの元気なお返事。赤熊自然農園は、野菜の生長を、野菜自身の生命力に任せていく、自然農法。徹底した循環型農業を行っておられます。

Akakuma2

ヨモギを摘んで来てー!

号令とともに、皆、すぐ横の野原で野草摘み開始。フキやワラビもあって、すごく楽しい。

Akakuma3

その間に、他の調理も開始。

豪快な焼きうどんに、天然酵母のパン。車麩の天ぷらに、玉ねぎの素揚げなど、自然食いっぱい。どれも旨すぎます。また、量が多いのにも関わらず、全員食いしん坊で、ペロリと完食。

Akakuma4

これまた同時進行で、ヨモギ餅の下準備。

餅に馴染むよう、包丁を入れていきます。

Akakuma5

子ども達は近くを散策。

半国山ハイキングコースや、音羽渓谷の近くはかなりいい感じです。

Akakuma6

こうやって、餅はつくんやー!

子どもたちは、父親の雄姿をみたくて、パパもついてー!と声があがる。

Akakuma7

つきたては最高!

ヨモギも採れたてなので、香りもよし!

Akakuma8

農業についてお勉強。

農家のIさんとは、実は畑が隣どうし。穏やかな口調で、ネギについて10分ぐらい語り合いました。ここに集った人々は、本当に皆、肌がきれい。自然で、エネルギッシュなものをたくさん食べているからであろ。

Akakuma9

マコは、靴も放り出して遊びまくり。

大人が見てなくても、中学生から2歳児までいるので、お姉ちゃんたちがよく面倒を見てくれる。その間に大人たちは、春の味覚に舌鼓しながら、「食」について語り合う。

Akakuma10

我々は畑をはじめたばかり。

今日、森さんの計らいで、借りれる畑の面積が2倍になった。さっそく何を植えるか、ヨシコと相談し、鍬で畑の前準備をする。食の安全が国によって守られず、TPPだ何だと議論もいいが、自分達で食べるものは、自分で作るのが一番の安心。それが家族で食べていくということだろう。

|

« 亀岡光秀まつり | トップページ | おうち市vol.3 »

徒然なるままに日暮し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214716/54649623

この記事へのトラックバック一覧です: 草摘みもちつき会:

« 亀岡光秀まつり | トップページ | おうち市vol.3 »